子育て情報『あなたはどっち?「ご飯前のおやつ」アリ派とナシ派の主張』

2017年5月31日 22:00

あなたはどっち?「ご飯前のおやつ」アリ派とナシ派の主張

あなたはどっち?「ご飯前のおやつ」アリ派とナシ派の主張
出典:https://www.shutterstock.com

皆さんは子どもの保育園や習い事が終わった後、晩御飯をつくる前までの間におやつを与えていますか?

筆者の子どもは現在1歳9ヶ月。食事の量が少ない時は「おやつも食事」と思い、お菓子ではなくおにぎりやパン、ベビー用のおせんべいを与えています。

でも、なかには夕食前におやつを食べてしまうと、夕食が食べられなくなってしまうため与えないママもいると思います。皆さんのご家庭ではいかがでしょうか?

筆者の周りのママ友に実際に聞いてみました。

あなたはどっち?「ご飯前のおやつ」アリ派とナシ派の主張


おやつをあげる派ママ・あげない派ママそれぞれの主張
おやつをあげない派ママ:虫歯・肥満の原因など百害あって一利なし!

ずっと食べ物を食べ続けると口の中が酸性に近づいてしまい虫歯になりやすくなります(※1)。なので与えない派ママは基本的に食事の時間、おやつの時間をそれぞれ決めて、他の時間は何も与えないようにしているそうです。

またズルズルと食べ物を食べ続けるのは、肥満の原因となったり、食事の時間にお腹が空かなくなって食事ができなくなるため、与えないようにしているとのこと。飲み物もお水やお茶に限定。ジュースなどの甘い飲み物を長時間飲み続けるのは控えているなどの声がありました。

おやつをあげる派ママ:砂糖なし、腹持ちの良い食べ物に限定

外出の多いママはおやつを与える事が多いそうです。

筆者の姉が地方に住んでいるのですが、家の近くには公園ぐらいしか遊ぶ場所がなく、近所の児童館に遊びに行こうにも車で30分はかかるそうです。

そうすると出かけた際、自宅に帰るまでにお腹が空いてしまうため、おやつをあげながら帰宅しています。ただし砂糖が入ったお菓子ではなく、おにぎりや干し芋、せんべいなど腹持ちの良いものを与えているように気をつけているそうです。

あげる・あげないの二者択一ではなく、与え方に工夫の余地アリ
あなたはどっち?「ご飯前のおやつ」アリ派とナシ派の主張
出典:https://www.shutterstock.com

筆者自身は、お腹が空いていれば与えても良いと思っています。成長期ですから食事の前におやつをたべてもカラダに影響はないと思っているからです。

砂糖が多く含まれているスナック菓子やアイスクリームなどは、事前に決めたおやつの時間や、お友達と遊ぶ時専用のおやつとして、その他のタイミングでは与えることに罪悪感を持たないおやつを選べばいいと思います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.