子育て情報『科学的に証明!「 パパ」の存在が子どもの成長に与える影響3つ』

2017年6月17日 21:45

科学的に証明!「 パパ」の存在が子どもの成長に与える影響3つ

科学的に証明!「 パパ」の存在が子どもの成長に与える影響3つ
出典:https://www.shutterstock.com

“子育て”というと、まずはママが注目されがちです。

例えば、子どもに問題行動が見られるなら、専業主婦でも共働きであっても、まずはママが矢面に立つことが多いものです。

それでも、パパの存在も、子どもの成長に大きな影響を与えると分かっています。

この記事では、人類学を学び17年間教育に携わる筆者が、子どもにとっていかにパパの存在が重要かについて、そして子どもと過ごすことがパパにもたらす変化についての科学的研究をもとにお伝えします。

科学的に証明!「 パパ」の存在が子どもの成長に与える影響3つ


パパの存在が子どもの成長に与える影響3つ
(1)パパからの“拒絶感”が子どもの問題行動を引き起こす(*1)

人類学者ロナルド・ローナー氏は、世界中の家族を調べた結果、子供の自己評価の低さ、攻撃性、不安感、非行などの問題は、ママよりもむしろパパからの拒絶感によるところが大きいとしています。

(2)パパの接し方が子どもの「やり抜く力」を左右する(*2)

家族心理学者ラウラ・パディリア=ウォーカー氏率いる研究チームは、パパがより民主的に子どもに接することで、子どもはより“やり抜く力”を育むと報告しています。

有無を言わさず子どもをルールに従わせようとしたり、逆に子どもにしたい放題させたり、または子どもに無関心であるよりも、ルールの理由を説明し、子どもの意見にも耳を傾け話し合うことで、子どもは「最後まで頑張るぞ!」といったやり抜く力を培うというのですね。

(3)パパとの関係が思春期の女の子の性的問題に繋がる(*3)

ヴァンダービルト大学の研究では、5歳から7歳頃までパパと充実した時を過ごし、パパと温もりある良好な関係を築いたティーンの女の子は、第二次性徴期もより遅く、性的な問題を起こしにくいとされています。

(4)パパと過ごすことでIQアップ(*4)

イギリスの心理学者ダニエル・ネットル氏による研究では、パパと一緒に過ごすことが多い子の方が、IQがより高くなると報告されています。

これらの研究によると、子どもの健やかな成長にとって、パパの存在が重要なカギとなるというのですね。 

子どもとの時間がパパの身体に変化を起こす!?
科学的に証明!「 パパ」の存在が子どもの成長に与える影響3つ
出典:https://www.shutterstock.com

子どもの発達にとってパパの存在が大切、とはいえ、妊娠・出産・授乳とママのようには身体の大変化を体験しないパパは、子育ての始まりから、少し“置いてきぼり”な気持ちになることもあるかもしれません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.