子育て情報『子どもの「目ヤ二」がいつもと違う?目も充血?考えらえる病気と治療法』

2017年6月17日 21:30

子どもの「目ヤ二」がいつもと違う?目も充血?考えらえる病気と治療法

子どもの「目ヤ二」がいつもと違う?目も充血?考えらえる病気と治療法
出典:https://www.shutterstock.com

目ヤニとは医学的には“眼脂”と呼ばれるものであり、目から出て来る分泌物のことです。目は涙をはじめムチンと呼ばれる粘膜も分泌します。

目ヤニは普段は少ししか出ないものですが、お子さんなど、突然いつもよりも多く出るようになったことってありませんか?

今日は目ヤニの原因と考えられる典型的な病気と治療法についてお伝えします。

子どもの「目ヤ二」がいつもと違う?目も充血?考えらえる病気と治療法


目ヤニがいつもより多く出るのは何が原因?
病気により目ヤニがいつもより多く出る原因はすぐに「これだ」と一つに特定することはできません。原因となるものには咽頭結膜熱(プール熱)や細菌感染、ウイルス感染やアレルギー性のものまで多義に渡るからです(※1)。

いずれにしても異物が目に存在し、免疫反応が起こり、それらを排泄しようとする働きが目ヤニとして出てきます。

ただ、時に“スティーヴンス・ジョンソン症候群”というような難病などによっても目ヤニが出てきてしまう可能性が考えられますので(※2)、気になった場合はそのまま放置せずに眼科や小児科へ受診するようにしましょう。

感染症で注意したい「目ヤニ以外の症状」は?
子どもの「目ヤ二」がいつもと違う?目も充血?考えらえる病気と治療法
出典:https://www.shutterstock.com

目ヤニが多く出ている際の症状としては、例えば細菌感染やウイルス感染、アレルギー感染が原因によるものですとさらに目が充血してしまったり、痒みが出てきてしまうことも多くあります。

また、細菌やウイルスによって引き起こされてしまうものを感染性結膜炎と言いますが、こちらの場合は少々独特で、ウイルス感染の場合は水様の目ヤニが、細菌感染の場合であれば白や黄色のどろっとした目ヤニが出てくるとされています(※3)。また菌やウイルスに感染している場合、目ヤニだけではなく、発熱や喉の痛みも確認されることもあります。

目だけではなく体調の良し悪しや発熱にも注意
単純に出てきている目ヤニ、例えば寝ているときに生理的に出てきている目ヤニと、それ以外の場合の目ヤニとを区別付けしなくてはなりません。そのためにも目が充血していないかだけを注視するのではなく、発熱がないか、体調は悪そうではないかなどもこまめに確認することが良いとされています(※3)。

目ヤニがしばらく続き、さらに目が充血しているようであれば何かしらの感染症の可能性が疑われます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.