子育て情報『過保護・過干渉の「ヘリコプターペアレント育児」子どもへの影響は…?』

2017年6月22日 22:00

過保護・過干渉の「ヘリコプターペアレント育児」子どもへの影響は…?

いつまでも親がずっとそばに寄り添って見張って、子どもが困ったときに助けてやれるわけではないのですから……。

小学生になったら…
筆箱を学校に持っていくのを忘れたとき「筆記用具がないと困るだろう」と届けてしまったら子どもはどうなるでしょう。

・勉強道具を届けても、親が届けてくれると思っているので忘れ物に注意しなくなる

・先生や友達に「鉛筆、忘れたので今日一日貸してください」のSOSを出せなくなる

だから届けない方が子どものためになるのです。

子育ての目的は最終的に“自立”と言われていますが、幼児期に失敗したり困ったりする経験を積ませ、自分で「今度はどうすればよいか」考えさせることが自立につながっていきます。

過保護、過干渉になる“ヘリコプターペアレント”にならないように注意しましょうね。

【画像】

※  Iren_Geo / Shutterstock

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.