子育て情報『【乳児湿疹】可愛いはずの顔がボロボロ…看護師が教える「基本ケア」』

2017年7月16日 22:00

【乳児湿疹】可愛いはずの顔がボロボロ…看護師が教える「基本ケア」

【乳児湿疹】可愛いはずの顔がボロボロ…看護師が教える「基本ケア」
出典:https://www.shutterstock.com

筆者が皮膚科で働いていたときに赤ちゃんの皮膚の悩みとして多く診られたのが“乳児湿疹”です。

新生児期の可愛い盛りの赤ちゃんのお肌ですから、湿疹でぼろぼろとしているのを見ると心が痛むというお母さんを多く見受けました。

ここでは、日常生活の中でとっても手軽にできる乳児湿疹のケア方法を筆者の看護師としての経験をもとにご紹介していきます。

【乳児湿疹】可愛いはずの顔がボロボロ…看護師が教える「基本ケア」


乳児湿疹とは「赤ちゃんの頃に見られる湿疹」のこと
乳児湿疹とは“赤ちゃんの頃に見られる湿疹”のことをいいます。

赤ちゃんは生後1カ月まではママからのホルモンの影響で皮脂の量が増えます。そのためこの時期にはよく見られる症状です。これは、生後6か月頃になると徐々に落ち着いてきます。

症状は様々ですが、肌が赤くなる、小さな水ぶくれができる、うろこ状にかさぶたができるなど。また、乾燥しているタイプやじゅくじゅくと湿っているタイプもあります。

皮脂腺の多い頭や頬、額にできるお子さんが筆者の経験上多かったです。

カワイイ赤ちゃんのために。「乳児湿疹」ケア方法
乳児湿疹に対するケアの方法は、全ての身体の部位で共通しています。これからご紹介する方法を日常生活の中で取り入れてみてはいかがでしょうか。

【乳児湿疹】可愛いはずの顔がボロボロ…看護師が教える「基本ケア」
出典:https://www.shutterstock.com

●「フワフワの泡」で優しく洗う

乳児湿疹のケアとして最も大切なのが“洗う”ということです。

まず、洗う際には石鹸をたっぷりと泡立ててホイップクリームのようなふわふわの泡を作りましょう。自分で石鹸を泡立てても良いですし、市販のふわふわの泡が出るポンプを利用するのが便利です。

ふわふわの泡ができたら、ガーゼハンカチもしくはお母さんの手で泡をなでるように優しく洗います。

特に四肢のくびれや首のしわの間は汗や汚れが溜りやすいのでしっかりと洗いましょう。

●「顔を洗う時」のポイント

顔は赤ちゃんが嫌がってしまい、洗いにくいところですが、おでこや頬それから後頭部などは乳児湿疹ができやすい部分なのでしっかりと洗いましょう。頭を洗う時は専用のシャンプーを使用しても良いですが、身体と同様の石鹸を使ってもOKです。

洗い終わったらしっかりと流し、タオルで押さえ拭きをします。

この際ゴシゴシとこすってしまうと皮膚にとって刺激となり、乳児湿疹が悪化する可能性があるため、気をつけましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.