子育て情報『【あげまん妻】この人と結婚してよかった!妻に「内助の功」を感じる瞬間4つ #20』

2017年7月21日 22:38

【あげまん妻】この人と結婚してよかった!妻に「内助の功」を感じる瞬間4つ #20

【あげまん妻】この人と結婚してよかった!妻に「内助の功」を感じる瞬間4つ #20


出典:https://www.shutterstock.com

内助の功を感じさせてくれる妻というのは、まさに“あげまん妻”そのものであると言えるでしょう。

しっかりとフォローして支えてくれるような妻であれば、夫も仕事に打ち込めるようになるはずです。

そこで今回は、1児のパパである筆者の経験をもとに、妻に内助の功を感じる瞬間をご紹介します。

▶▶前回の【あげまん妻】はコチラ

【あげまん妻】この人と結婚してよかった!妻に「内助の功」を感じる瞬間4つ #20


妻に「内助の功」を感じる瞬間4つ
(1)「体調管理」を考えてくれている

基本的には体調管理は自分で行うべきものですが、食事の栄養バランスまでは夫もなかなか自分では手が回りません。やはりそこは妻に助けてもらえると、夫も健康な状態でバリバリと仕事をこなせるでしょう。

自分たちの好きなものばかりを作るのではなく、ちゃんと健康管理を考えたうえでの食事を用意してあげると、夫には感謝の気持ちも芽生えるはず。夫の体調の変化にちゃんと気づいてあげるのも、大事な妻の役割でしょう。

(2)お給料の中から「家計」のやりくり、貯金もする

【あげまん妻】この人と結婚してよかった!妻に「内助の功」を感じる瞬間4つ #20
出典:https://www.shutterstock.com

家計を任せられる妻じゃないと、夫も安心して仕事に集中できません。常にどんぶり勘定で、あったらあるだけ使ってしまうような妻だと、自分のお給料を渡すのが怖くすらなってしまうでしょう。

お給料の中からちゃんとやりくりをしてくれて、そのうえ貯金までできる妻だったりしたら、夫もかなり心強いものです。“マイホームを持つ”とか“車を買う”など、夫婦で共通の目標を持つと、頑張って力を合わせてお金を貯めやすくもなりますよ。

(3)さりげなく「先回り」してサポート

「言わなくてもわかってくれる」というのを実感したとき、夫は妻に最高のパートナーだと再確認できるものです。自分が今こうしてほしいということを、先回りしてやってくれていたりすると、かなりうれしい気分になるでしょう。

仕事が忙しいときなどは特に、夫もテンパってしまっていたり、いっぱいいっぱいになってしまっていたりするもの。そんなときには、さりげなく夫を助けてあげたり、疲れを少しでも癒してあげるような行動を取るようにすると、妻の大事さをより感じてくれるはずですよ。

(4)「苦手な部分」を補ってくれる

お互いに苦手な部分を補い合える夫婦関係は、最高の形であると言えるでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.