子育て情報『13時間以上も2人きり…「育児から逃げ出したい!」時に使えるサービス4つ』

2017年7月29日 22:00

13時間以上も2人きり…「育児から逃げ出したい!」時に使えるサービス4つ

13時間以上も2人きり…「育児から逃げ出したい!」時に使えるサービス4つ
出典:https://www.shutterstock.com

「産後に手伝ってもらえる環境がない」

妊娠中からこのような不安を抱えたままだと、本当に辛いですよね。

しかも夫も育休がとれない、残業も多い状況だとママは丸1日育児を1人でしなければなりません。

出産で体が弱り、慣れない育児でイライラが溜まっている中、1日中わが子と2人きりというのは、心身共に負担が大きくなります。

今日は1児のママである筆者が、そんなママたちにおすすめしたい“産後ケアサービス”をご紹介します。

13時間以上も2人きり…「育児から逃げ出したい!」時に使えるサービス4つ


夫の残業は月に60時間以上が2割以上!
ママは朝起きてから寝るまでほぼ1人で育児をしているという方も多くいらっしゃいますよね。朝7時に起き、寝かしつけを20時にしたとしたら、約13時間もの間、ママは1人で育児をしていることになります。

株式会社サンケイリビング新聞社リビングくらしHOW研究所が、762人の会社に勤める配偶者がいる女性に行ったアンケートによると、夫の会社でプレミアムフライデーが実施されているのはなんと5.8%だけということが分かりました。

しかも、夫の残業が月に60時間以上だというご家庭は21.5%にものぼります。仮に17時半が定時で3時間残業すると20時半まで残業し、帰宅するのは21時半や22時というところでしょうか。

21時半や22時なんて、もう子どものお風呂にも入れて寝かしつけた後です。もしくは寝かしつけに苦戦してやっと寝てくれた!と思ったところに夫が帰宅、という感じで、1日の育児はママが全てこなしていることになります。

次項では、頼れる人が居ない時に利用したいサービスについてみていきましょう。

頼れる人がいない場合に利用したいサービス4選!
産後は、両親にも頼れず、夫の仕事も休めない、残業も当たり前というご家庭は、ぜひとも産後ケアサービスを利用してみてはいかがでしょう?

(1)マミーキャンプ

ホテルのような空間で、産後ママが体を休めて手作りの美味しいご飯を食べたり、母乳育児について学べたりする施設です。ハーブテントやエステなどで疲れたママの体を癒すこともできるそうです。産後は社会から離れた孤独感を感じるママも多いですが、このような施設で滞在していると、そこで知り合ったママとも仲良くなって、その後の育児も楽しめそうですよね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.