子育て情報『ハサミで子どもが指を切っちゃった…!取れにくい絆創膏の貼り方【指編】』

2017年8月20日 21:45

ハサミで子どもが指を切っちゃった…!取れにくい絆創膏の貼り方【指編】

ハサミで子どもが指を切っちゃった…!取れにくい絆創膏の貼り方【指編】
出典:https://itmama.jp/

夏休みになると時間がたっぷりあるためお子さんも工作をする機会が増えるのではないでしょうか。そして工作をしているとよく見られるのが髪やハサミで指を切ってしまうということです。

日本医師会によると、子どもが手を切ってしまった場合はまず清潔なガーゼ等での止血を試みる、血が出ておらず傷も浅いという場合は絆創膏を貼って様子を見ると良いとしています。(※1)

しかし、ケガをしてもお子さんは絆創膏をしている手を動かしてしまい気づいたら絆創膏がとれている……なんていう経験ありませんか?

ここでは、看護師の筆者がお子さんの指にぴったりと絆創膏を貼る方法をご紹介します。

ハサミで子どもが指を切っちゃった…!取れにくい絆創膏の貼り方【指編】


絆創膏は何を使えばいい?
ハサミで子どもが指を切っちゃった…!取れにくい絆創膏の貼り方【指編】
出典:https://www.shutterstock.com/

絆創膏と一言で言ってもいろいろな種類があります。子どもの傷に対して絆創膏はどのようなものを利用すればよいでしょうか。

そもそもばんそうこうは、テープの部分を“基材”、白い部分を“パット”、テープになっている部分を”粘着剤”といいます。

白い部分のパットには薬液がしみこんでいるタイプとそうでないタイプがあります。

また、基材はウレタン不繊布、塩化ビニル、伸縮性綿布、ポンジシート、ウレタンフィルム、オレフィンフィルムなど様々あります。(※2)

絆創膏と一言で言ってもいろいろな種類があります。ここで選ぶときに注目したいのが素材です。

例えばどんなにきれいに貼ったとしても、これからスイミングスクールに行くというお子さんが防水能力の低い基材を使った絆創膏を使用してはすぐにはがれてしまいます。

また、関節の部分を切ってしまったなら、関節運動にも強い基材を選ばなければすぐにはがれてしまいます。

また、お子さんによっては基材や粘着面でアレルギーを起こして痒くなってしまい、剥がしてしまう子もいます。

お子さんのケガの位置、生活の様子から絆創膏も選択してあげられると良いでしょう。

子ども用サイズじゃなくても大丈夫
また、サイズですがお子さん用の絆創膏をわざわざ買わなくても家に大人用のものがあればその基材の部分を切ってお子さん用にサイズを合わせてあげられれば使用可能です。

ただし、お子さんの傷の面積に対してパットが広い場合は注意が必要です。

パットの中には薬液がしみこんでいるものがありますが、それがもし傷の範囲以上にあれば健康な皮膚に薬液を塗布するということになるため、肌の弱いお子さんでは皮膚がかぶれかねません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.