子育て情報『妊活・深イイ話「父親を知らない妻のために…」 妊活QA #14』

2017年8月22日 22:15

妊活・深イイ話「父親を知らない妻のために…」 妊活QA #14

妊活・深イイ話「父親を知らない妻のために…」 妊活QA  #14
出典:https://www.shutterstock.com

Q.38歳、妊活歴1年半の者です。毎日、会社とクリニックの往復だけで、心が腐りそうです。先日は2度目の体外受精も失敗に終わり、目標を見失いそうになっています。上手くいかないのが不妊治療とわかっていても、もうモチベーションを維持するのも難しいと感じています。治療を頑張っている皆さんは、どのようにモチベーションを保っているのでしょうか?こんなとりとめもない質問ですいません。

確かに失敗が続けば、心は塞ぎがちです。しかも「私はこんな治療をやってます!」「こうやって乗り越えました!」とオープンに語られないのが、不妊治療。

そのため、「私だけが不幸のどん底に」と思ってしまうのもわかります。でも100組の夫婦がいれば100組のストーリーがあるように、不妊治療をしているカップルにも様々な理由・物語があります。

僕は拙著『俺たち妊活部』を書くにあたり、100人の不妊治療経験男性を取材しました。そのなかには、涙なしでは聞けない感動の物語も。

今回はそんな“妊活・深イイ話”を紹介したいと思います。これを読んで「辛いのは私だけじゃない」「来週のクリニックも、また頑張ってみよう」と思っていただければ、幸いです。

妊活・深イイ話「父親を知らない妻のために…」 妊活QA  #14


父親を知らない妻のために(Aさん/44歳/妊活歴2年)
私の妻は、幼いころに父親を亡くしました。ずっと父性というものに、相当飢えていたのでしょう。ですから私たち夫婦はまるで父と娘、あるいは兄と妹のような関係です。それを嫌だと思ったことはありません。むしろ、僕のなかの父性を一滴たりとも残さずに吸い尽くせばいい、とすら思っています。それほど僕は妻のことを愛しているんです。

しかしこんなに愛しているのに、子どもができない。専門のクリニックに通い出して、もう2年になります。子どもが欲しいのには、大きな理由があります。子どもができたら、彼女は僕のことを「パパ」と呼ぶでしょう。あくまで疑似・ごっこですが、長年焦がれ続てきた父親を彼女が得られるような気がして……。

運動会や父兄参観のときなど、父親がいなかったためとても寂しい思いをしてきたそうです。そんななか小学3年のときの父兄参観、母親も仕事で来られなくなったそうです。幼き日の妻は、その寂しさに耐え兼ね「お腹が痛い。アタシ学校を休む」とウソをついたそうです。しかし心を鬼にしたお義母さんは涙を流しながら「甘えるんじゃない!甘えるんじゃない!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.