子育て情報『【Q&A】ハミガキしていても「むし歯になりやすい習慣」ってある?』

2017年9月2日 22:30

【Q&A】ハミガキしていても「むし歯になりやすい習慣」ってある?

【Q&A】ハミガキしていても「むし歯になりやすい習慣」ってある?
出典:https://www.shutterstock.com

赤ちゃんの頃から、「うちの子に虫歯ができないように」と日々子どものハミガキに奮闘中のママにとって、歯科健診やおうちで虫歯を発見すると大ショックですよね……。

「何がいけなかったの?」と疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、It Mamaライターであり、ママ歯科医である進藤ゆきこさんに「ハミガキを頑張っているのに虫歯ができてしまう“あるある習慣”」についてお話をうかがいました。

【Q&A】ハミガキしていても「むし歯になりやすい習慣」ってある?


Q.虫歯ができやすい習慣ってあるのでしょうか?
A.筆者の経験上、虫歯ができやすい習慣として以下のことが挙げられます。

(1)子どもがぐずっているとついお菓子をあげてしまう
(2)飲み物はイオン飲料で水分補給している
(3)ハミガキは歯ブラシだけを使っている
(4)テレビを見るとき、口がポカンと開けている
(5)寝ているときに、歯ぎしりをしている

当てはまるものが1つでもあったら注意が必要ですよ!

次に、それぞれについての改善策について教えてもらいました。

Q:子どもがぐずっていると、ついお菓子をあげてしまうのはNG?
A.おやつの時間や量を決め、なるべく規則正しい食生活にしましょう。

お子さんがぐずってしまったとき、ついついお菓子をあげてしまいがちですよね。しかし、お菓子をダラダラあげてしまうのは良くありません(※1)。

“おやつタイム”は子どもにとって楽しみでもあるはずなので、おやつを食べてはいけないのではなく、あらかじめ食べるお菓子の量と時間を決め、時間がきたら切り上げるのがオススメ。

徐々に慣れていき、おやつの時間以外にぐずってしまった場合には“お散歩”などで気分転換してみてはいかがでしょうか?

ジュースをあげるのはNG?
A.水分補給は水かお茶を。ジュースはおやつタイムにあげましょう。

激しい運動のあとならば“イオン飲料”もいいですが、小さな子どもの水分補給であれば、水やお茶をこまめに飲む方が適しているのではないでしょうか。

イオン飲料の他に野菜ジュースなど、糖質を含む甘い飲み物は、要注意です(※1)。甘い飲み物を飲んだ後や食後は、口の中が酸性に傾き歯が溶けやすい状態です。

その状態を中性に戻そうと唾液が頑張っているところに、また甘いものを飲むと、常に口の中が酸性に傾き、虫歯のできやすい状態が継続してしまいます(※3)。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.