子育て情報『【春のお彼岸】子連れでお墓参り、知っておきたい基本マナーとは?』

2019年3月18日 21:45

【春のお彼岸】子連れでお墓参り、知っておきたい基本マナーとは?

目次

・お墓参り、年にどのくらい行くのがよい?
・キッズマナー講師に聞く、子連れでお墓参りの基本マナー
・普段できることやママへのアドバイス
【春のお彼岸】子連れでお墓参り、知っておきたい基本マナーとは?
source:https://pixta.jp/
春のお彼岸の季節がやってきました。

今年は帰省したついでに子どもと一緒にお墓参りに行こうかと考えている人もいると思います。そこで気になるのが、子連れでのお墓参りの基本マナー。

今回は、教育コンサルタントの佐藤理香さんが、キッズマナーインストラクターの大塚けいこ先生に知っておきたい「子連れお墓参りのマナー」について聞いたことをご紹介いただきます。

【春のお彼岸】子連れでお墓参り、知っておきたい基本マナーとは?


【春のお彼岸】子連れでお墓参り、知っておきたい基本マナーとは?


お墓参り、年にどのくらい行くのがよい?

株式会社メモリアルアートの大野屋が行った調査によれば、お墓参りを1年のうち何回くらい行っているかという質問に対して、「年1回」と回答する人がもっとも多いことがわかりました。次いで「年2回」「3回」と続き、全体の約7割は年1~3回行っているようです(※1)。

お墓参りは日本の大切な文化の一つなので、子どもにも小さなうちからぜひ教えてあげたいもの。基本的にはお墓参りはいつ行っても良いのですが、故人の命日や春と秋のお彼岸、お盆やお正月など、帰省して家族や親せきが集まるような時期が一般的になっています。

キッズマナー講師に聞く、子連れでお墓参りの基本マナー

【春のお彼岸】子連れでお墓参り、知っておきたい基本マナーとは?
source:https://pixta.jp/
大塚先生によると、子どもたちにとって、お墓参りは「ご先祖様を敬う気もちを自然に学ぶ大切な機会」になります。

そのうえで、子連れでお墓参りに行く時には、次の5つのマナーが好ましいそうです。さっそくみてみましょう。

1.派手な服装は避ける

かわいいからといって、普段の洋服でそのままお墓参りに行くのは基本的にはNG。冠婚葬祭でもその場に応じた服装があります。

お墓参りではかしこまった礼服の必要はありませんが、子どもにも派手な色づかいや肌の露出を控えた服装をさせましょう。いつもよりもちょっとキレイめが良いと思います。

2.お墓の掃除は、子どもにもお手伝いさせる

お墓に行って最初にするのがお掃除。子どもにもできる範囲で手伝いをさせることで、ご先祖様の供養の意味を自然に理解できるようになります。

3.子どもにお参りの作法を教える

子どもには故人の思い出話をしてあげましょう。今日はその人たちのために手を合わせてお参りするために来たことを教えることが大切です。

手の合わせ方やお辞儀の仕方などお参りの作法は、地域や宗派にならったものを教えてください。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.