大人&離乳食中の赤ちゃんも喜ぶ!秋の旬レシピ(かぼちゃ編)

2017年10月12日 22:00
 

出典:https://www.shutterstock.com

10月の1大イベントといえばハロウィン!街中はハロウィンの飾りけでかわいくデコレーションされ、見ているだけでワクワクしますね。

そんなハロウィンで思い浮かぶ野菜と言えばジャック・オー・ランタン!つまり、かぼちゃ♪

そこで今回は管理栄養士で1児のママである筆者が、前回のじゃがいも編に引き続き、今が旬のかぼちゃを使った赤ちゃんから大人まで楽しめるように展開したレシピをご提案します。



 

かぼちゃの栄養素「ビタミンA」これからの季節にピッタリ!
かぼちゃに含まれる代表的な栄養素と言えば、ビタミンA(※1)です。

ビタミンAは発育を促進したり、肌の健康を維持したり、のどや鼻などの粘膜に働いて細菌から体を守ったりなど、たくさんの重要な役割を持つ栄養素です(※2)。

風邪をひきやすくなるこれからの季節にぴったりですね!

 

「かぼちゃと鶏ひき肉の煮物」から大人用と子ども用に簡単展開レシピ♪
今回は、かぼちゃと鶏ひき肉の煮物を大人用と子ども用の食事に展開していきます。

まずは基本となる“煮物レシピ”のご紹介です。

(1)「かぼちゃと鶏ひき肉の煮物」

●材料
・かぼちゃ・・・500g
・玉ねぎ・・・小1個
・鶏ひき肉・・・100g
・だしパック(筆者はアゴだしを使用)・・・1個
・水・・・材料が少し出るくらいの量

【作り方】

出典:https://itmama.jp/

(1)かぼちゃは皮をそぎ落とすようにして剥き、2~3㎝角に切ります。

(2)玉ねぎはみじん切りにします。鍋に、かぼちゃ、玉ねぎ、だしパック、ひき肉、水を入れ、アルミ箔などで落し蓋をしたら中火にかけます。途中だし汁がなくなって焦げそうであれば、水を足してください。

(3)かぼちゃと玉ねぎが柔らかくなったことを確認し、水気がなくなったら火を止めます。

まずは、これでかぼちゃと鶏挽き肉の煮物が完成!ここから大人用子ども用に展開していきます。 

(2)離乳食中期メニュー:とろみがカギ!「かぼちゃと鶏肉の潰し煮」

出典:https://itmama.jp/

●材料(1回分)
・かぼちゃと鶏ひき肉の煮物・・・大さじ1
・水・・・大さじ1~3(赤ちゃんの好みにより調整)
・水溶き片栗粉・・・片栗粉:小さじ1/4~1/2+水:小さじ1/2~1

【作り方】

(1)小鍋にかぼちゃと鶏ひき肉の煮物を入れ、かぼちゃを軽く潰したら水を加えます。

(2)小鍋を火にかけ沸騰したら、水溶き片栗粉を少しずつ加えて手早く混ぜ、とろみをつけてでき上がりです!

とろみは離乳食中期のベビーフードの具合をイメージすると良く食べてくれますよ。

 

(3)大人用メニュー:チーズがとろ~りとろけ出す♪「かぼちゃのモチモチおやき」

出典:https://itmama.jp/

●材料(小判型約8個分)
・かぼちゃと鶏ひき肉の煮物・・・残り全部
・片栗粉・・・大さじ4
・ピザ用チーズ・・・お好み量
・バター・・・10~20g
・醤油・・・小さじ1

【作り方】

(1)ボウルにかぼちゃと鶏ひき肉の煮物を入れてマッシャーなどで潰します。かぼちゃが潰れたら片栗粉を加えて更に混ぜ合わせます。

(2)(1)を8等分して中にチーズを包み込み、小判型に整形します。

(3)フライパンに(2)を並べて蓋をし、火にかけて裏に薄く焦げ目がつくまで焼きます。焦げやすいフライパンの場合は、薄く油を引いてから並べるといいでしょう。

(4)焦げ目が付いたら裏返してバターと醤油を加え、フライパンをゆすりながら全体に味を馴染ませて完成です。

 

今回は「かぼちゃと鶏ひき肉の煮物」を離乳食と大人メニューに展開してみましたが、いかがでしたか?

大人用のメニューは冷めても美味しいのでパパのおつまみの他に、お弁当のおかずにもオススメですよ。

食を通して親子でハロウィンイベントを楽しんで下さいね♪

 

【参考・画像】
※1 香川 明夫(2017)『七訂食品成分表2017』女子栄養大学出版部
※2 ビタミンA(レチノール活性当量) – 江崎グリコ株式会社
※ Atiwan Janprom / Shutterstock

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.