子育て情報『【海外出産奮闘記#9】ナースの前でおしっこ!? 「アメリカ出産・カルチャーショック」前編』

2019年3月5日 21:35

【海外出産奮闘記#9】ナースの前でおしっこ!? 「アメリカ出産・カルチャーショック」前編

【海外出産奮闘記#9】ナースの前でおしっこ!? 「アメリカ出産・カルチャーショック」前編
source:http://www.shutterstock.com/
大学卒業後、まともに就職活動もせず、ふと見つけた広告に応募し採用され、現代美術ギャラリーで楽しく働く私に向かって、ある日母はこう言放ちました。

「あんたはきっと“いきおくれ”て、30過ぎで猫と一緒に1人暮らしするんでしょうね」と……。

しかし、人生には時に天変地異の如き出来事が降り掛かります。25歳で出会った彼と、次の日からおつきあいをスタート。半年後に妊娠、入籍する事に!

ドタバタの海外出産後、酷寒の地ボストンでの生活から、夫の就職を機に新天地カリフォルニアに住居を移した私たち一家、その後まさかの年子妊娠!ドタバタの2人目出産後、後陣痛と恥骨痛に苛まれた前回。

今回は、「アメリカ出産・カルチャーショック」前編をお届けします。

【海外出産奮闘記#9】ナースの前でおしっこ!? 「アメリカ出産・カルチャーショック」前編


「恥を捨てるべし」カルチャーショックだらけのアメリカ病院事情

さて、当たり前ですが異国での出産は初めての経験、かつ驚く事ばかりです。今回は、当時カルチャーショックを受けたいくつかのことについてご紹介します。

(1)産後の移動は、歩いちゃダメ!

産婦は産後、部屋から部屋への移動は車椅子になります。それを押してくれるナースも、まるで付き人のように一緒にいます。

一見、妊・産婦に優しい感じがしますが、逆に言うとつまり、“好きなときに移動出来ない”ということ。

出産後は入院用の部屋に移動するのですが、このときも車椅子を随分待って待って待って待ちました。その間バケット2、3片しか食べていなかった私は、「まだか、まだなのか!」と夫に苛立をぶつける、厄介なクープと化していました。

(2)産後、ナースの前でおしっこ!?

とにかく不愉快だった点滴の針(こう書いてみると、病院はほんとに私にとっては不愉快なことが多かったです)。

「早く外して欲しい」と主張する私に、「まだまだ、やることがあるから」と先延ばしにされたあげく、さて、いざ!という段になって「外す前に、トイレ行って」と言われました。

なんと点滴の針を外すために、“ナースの目の前でおしっこをしなければならない”というルールがあるのです。人によっては、おしっこがうまく出なかったり、痛みで倒れたりすることもあるので、ナースがすぐ側で待機する必要があるのだとか。ちなみにボストンで長女を出産したときも、全く同じことを強いられました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.