子育て情報『「茶色い→ちゃらい」3歳児の言い間違いがトラブルに!? ゴローパパ#37』

2017年10月18日 22:31

「茶色い→ちゃらい」3歳児の言い間違いがトラブルに!? ゴローパパ#37

「茶色い→ちゃらい」3歳児の言い間違いがトラブルに!? ゴローパパ#37
出典:https://itmama.jp/

この『ゴローパパ』という育児コラムを隔週で書かせてもらっているが、回を重ねていくと、2週にいっぺんも“大事件”など、まあ起こらない。

だが、子どもの“言い間違い”には日々笑わされている。

僕には3歳2カ月になる息子・グラ太がいるのだが、最近の彼の「何でも覚えたい」「何でも知りたい」という欲が強くなったのを実感する。

そのため、大量の言い間違いのアップデートを日々量産し、こちらのインストールが追いつかないほどだ。

そこで今日は息子の言い間違いとある日起こった“事件”について体験をもとにご紹介していく。

「茶色い→ちゃらい」3歳児の言い間違いがトラブルに!? ゴローパパ#37


惜しい!愛らしい「3歳児の言い間違い」
例えば、「ティッシュ」を「ぺっしゅ」、「コーンフレーク」を「こんけれーふ」、「プレゼント」を「ぷじぇれんと」。

どれもこれも惜しい!このように8割方しか完成していない商品をガンガン出荷するかの如く、彼は覚えたての言い間違いを口に出す。

「惜しい!もうちょっと頑張れ!」と思う一方、小さなポケットから宝物のどんぐりを出し、「はい、パパにぷじぇれんとー」と手渡してくれた瞬間などは「なんて愛らしい……もうこれ以上成長しないで!!」とも思ってしまうほどだ。

これって育児あるあるなのだろうか。

しかし、「まあかわいい」では済まされないこともある。当たり前だが、「ちゃんと教えなきゃなあ」と痛感することも。

おなかパンパンとペコペコ
「茶色い→ちゃらい」3歳児の言い間違いがトラブルに!? ゴローパパ#37
出典:https://itmama.jp/

こないだの日曜、午前中をたっぷり公園で遊んだ僕と息子。2時間近く走り回っていたグラ太は、空腹の絶頂だろう。

「グラ太ぁ、おなかすいたろ?」

「うん、ぼく、おなかぱんぱんだよぉ!」

「ん!?」と少し引っかかったものの、こちらも腹が減っていたのでスルー。ふたりで公園近くのそば屋でランチを。

「グラ太、美味しかったなあ!もうおなかいっぱいになったろ?」

「なった!ぼく、おなかぺこぺこだよぉ!」

いや、逆!おなかパンパンとペコペコ、逆!7割方の完成でよく出荷させたな、オイ!

これなら笑って済む話だが、グラ太の言い間違いが他人様に迷惑を及ぼすこともある。

グラ太には前科がある。あれは2年前、まだ1歳だったグラ太は絵本で見る”鬼”をとても怖がっていた。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.