子育て情報『【妊娠10ヶ月】思わず絶叫!? ママ達の「壮絶出産エピソード」3つ』

2017年11月2日 21:00

【妊娠10ヶ月】思わず絶叫!? ママ達の「壮絶出産エピソード」3つ

【妊娠10ヶ月】思わず絶叫!? ママ達の「壮絶出産エピソード」3つ
source:https://www.shutterstock.com/
出産予定日が近づくと、もうすぐ赤ちゃんに会える喜びと出産への恐怖からソワソワ、ドキドキするものですよね。

「陣痛に気が付かなかったらどうしよう……」
「誰もいないときに産気づいたら……」
「痛みに耐えられるか心配……」

しかし、臨月を目前にしてワクワクする気持ちと同じくらい“もしも”のことを考えては、不安でいっぱいになっている妊婦さんはきっと少なくないはずです。

そこで今回は先月3人目の出産を経験した筆者が、出産にまつわる壮絶エピソードを3つピックアップし、出産前に備えておくと良い事をご紹介します!

【妊娠10ヶ月】思わず絶叫!? ママ達の「壮絶出産エピソード」3つ


思わず絶叫!? ママ達の「壮絶出産エピソード」3つ
【妊娠10ヶ月】思わず絶叫!? ママ達の「壮絶出産エピソード」3つ
source:https://www.shutterstock.com/
(1)長くて痛い陣痛に耐え抜いて、やっと出産!

「午前中には生まれるかな」と言われて夜中に入院したけど、なかなか陣痛が強まらなくて、午後から促進剤を打つことになった。点滴の量が増えるにつれて、確実に強まる痛み。1時間もすると、思わずうずくまってしまうような強烈な痛みの波が3分間隔になった。でも、子宮口は7センチからなかなか開かなくて、一晩中うなり続けることに……。

「もうダメ」「まだ?」と弱音を吐くと、看護師さんからは「赤ちゃんが1番辛いのよ」「頑張っているのよ」と慰めの言葉。半べそをかきながら声を殺し続けて24時間半!分娩台に乗ったときにはもうヘロヘロで、お腹をぐっと押してもらって、やっと生まれた。(36歳/2児の母/千葉県在住)

「陣痛はついていたのに、子宮口が開かなかった」「出産の流れが分からなくて、心が折れそうになった」と、長くて辛い痛みに耐え抜いたママが多いことがわかりました。

ちなみに陣痛が始まった時間を聞いてみると、今回アンケートしたママの8割が「夜」「夜中」と回答。

心もカラダもリラックスしている時間帯に、赤ちゃんは出産に向けて準備を始めるのでしょうか?

(2)予定日を過ぎて「内診グリグリ」!

家でのんびり過ごすことが多かったせいか、予定日を大幅に超過!周りから「生まれた?」と聞かれるたびに焦りを感じる反面、「あくまでも予定日だからね」という医師の優しい言葉にちょっと甘えている部分があった。でも、予定日を1週間超過したところで、遅れすぎると胎盤の機能も低下してくるし「そろそろ出てこようか~」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.