子育て情報『ワクチンは打つべき!? 妊婦の「インフルエンザ」対処法とは?』

2017年11月7日 21:00

ワクチンは打つべき!? 妊婦の「インフルエンザ」対処法とは?

ワクチンは打つべき!? 妊婦の「インフルエンザ」対処法とは?
source:https://www.shutterstock.com/
毎年猛威をふるうインフルエンザですが、妊婦さんとなると普段以上にインフルエンザにかかるのが心配になりますよね。

もし妊娠中にインフルエンザにかかってしまったら、薬は飲んでいいの?赤ちゃんは大丈夫なの?と不安に思う方も多いと思います。

そこで今回は元助産師で1児のママである筆者が、妊娠中にインフルエンザになった際の対処法をご説明します。

ワクチンは打つべき!? 妊婦の「インフルエンザ」対処法とは?


インフルエンザにかかった…妊娠中の「薬・解熱剤」の服用は大丈夫?
ワクチンは打つべき!? 妊婦の「インフルエンザ」対処法とは?
source:https://www.shutterstock.com/
妊婦さんがインフルエンザにかかった際、どのような治療をするのでしょうか?

インフルエンザにかかった際、通常は「タミフル」や「リレンザ」などの“抗インフルエンザ薬”が処方されますが、現在のところタミフルやリレンザを妊婦さんが服用したとしても、流産や先天異常が起きる頻度は、一般的な数字と変わらないとされています(※1)。

また、解熱剤は妊婦さんでも使用できる弱いものが処方されることが多いです。

しかし、タミフルなどの抗インフルエンザ薬服用が遅れた妊婦さん(発症後48時間以降の服用開始)では重症化率が高かったことも報告されています(※2)ので、医師の指示を守り、適切に薬を服用して対処することが大切です。

インフルエンザにかからないためには?
妊婦さんはインフルエンザにかかると重症化しやすく、かかった場合は早期治療が必要だということはご説明しましたが、ではインフルエンザにかからないように予防するにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは、基本的な手洗いうがいを習慣にすることが大切です。

さらに、“インフルエンザワクチンの接種”がインフルエンザの予防に有効です。

インフルエンザワクチンは、妊娠中でも安全に接種できる不活化ワクチンなので、ワクチン接種をしてもインフルエンザになるということはありません(※1)。

また、胎児への影響が心配になるかもしれませんが、妊娠中のインフルエンザワクチン接種で、赤ちゃんの先天性異常などのリスクが高まるなどの報告はされていません(※1)。妊娠中でも安心してインフルエンザワクチンの接種を受けられますね。

いかがでしたか?

妊婦さんにとって、インフルエンザの予防と対策はとても大切です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.