子育て情報『デキる妻はやりくり上手!? 身につけたい「マネー力」3つとは』

2017年11月5日 22:00

デキる妻はやりくり上手!? 身につけたい「マネー力」3つとは

デキる妻はやりくり上手!? 身につけたい「マネー力」3つとは
source:https://www.shutterstock.com/
皆さんのご家庭では財布の紐を握っているのは、誰ですか?

KDDI株式会社が結婚3年目までの25~39歳の男女300人に行った『家計に関するアンケート』では、夫が管理している夫婦が14.8%に対し、妻が管理している夫婦が37.5%、共同管理が30.0%だったそうです(※1)。

夫と妻で見た時には、やはり妻の方が管理している率が高いようです。

そこで今回は、It Mamaのマネーに関する人気記事より、家庭の財布を握る妻が身につけたい「マネー力」についてお伝えします。

デキる妻になるために!身につけたい「マネー力」3つ
デキる妻はやりくり上手!? 身につけたい「マネー力」3つとは
source:https://www.shutterstock.com/
(1)「家計の把握力」 

収入、支出、貯蓄額を月単位、年間単位で把握してみましょう!

家計の把握をするのに家計簿を思い付きますが、細かく家計簿をつけると長続きしません。“家計簿アプリ”などを活用することで、簡単に家計を把握することができますよ。

自分との相性が良く、長続きしそうなアプリを探してみると良いでしょう。

(2)「支出の見直し力」

家計を把握できたら毎月の貯蓄をぜひ計画したいものです。

毎月支払う金額が決まっている住宅ローンや保険料、携帯電話など通信費は“固定費”として見直しが高いので、まずはここから無理や無駄な部分がないか、もう一度冷静にチェックしてみましょう。

デキる妻の多くはこの支出の見直しをしっかりと行っています。

(3)「先取り貯蓄力」

給料が入ったら専用口座に貯蓄をして、残りのお金で生活をするようにするのが“先取り貯蓄”です。

身近なのは自動積立定期預金で、一度手続きすることで、給与口座から毎月決まった額が定期的に別口座に振り替えられます。

デキる妻は生活費でやりくりする口座と貯蓄する口座を分け、貯蓄専用口座に入金されたお金を取り崩さなくても済むようにきちんと管理しています。

これをしっかりすることで、毎月貯蓄可能な金額が分かってきます。 

ちなみに、明治安田生命が行った『「家計」に関するアンケート』調査によると、妻のへそくり額は、夫の約1.7倍なんだとか!

やはりと言うべきか、家庭の財布を握っている妻のほうが“やりくり上手”ということなのでしょうか(※2)。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.