子育て情報『子どもが自信を持てるようになる「評価の仕方」得意分野を伸ばしてあげる褒め方のコツ』

2016年7月27日 11:45

子どもが自信を持てるようになる「評価の仕方」得意分野を伸ばしてあげる褒め方のコツ

目次

・まだ画一的な自己評価しかできない低年齢児
・親が「短所」に目が行ってしまうもの
・「得意分野」を伸ばそう
子どもが自信を持てるようになる「評価の仕方」得意分野を伸ばしてあげる褒め方のコツ

人には長所、短所、得意なこと、苦手なことなど“多面性”があります。

勉強ができなくたってコミュニケーション能力が高く友達が多い、運動が苦手だけれども絵や工作など細かい作業が得意など様々です。

でも、どうしても親はわが子への期待値が高くなるため、できていない部分だけに目がいってしまうもの。

良かれと思って「これはもうできるんだから、こっちを克服しなさい」と言葉をかけてしまうことってありませんか?

そこで今日は、『1人でできる子になるテキトー母さん流子育てのコツ』の著者の立石美津子がお話します。

子どもが自信を持てるようになる「評価の仕方」得意分野を伸ばしてあげる褒め方のコツ


■まだ画一的な自己評価しかできない低年齢児

数人の5歳児に「あなたはどんな人ですか?」と質問したことがあります。すると「○○のおうちに住んでいる」「ママの子である」「名前は○○である」「○○のお洋服を着ている」「アンパンマンが好き」「電車が好き」「○○ちゃんと仲良しである」と答えが返ってきました。

所属や外面的な事柄からしか捉えられないのが幼児なんですね。

ところが小学生くらいになると「明るい性格である」「元気である」「怖がりである」など内面的な目に見えない面からも自己評価できるようになります。

でも、6歳になってもまだまだ未分化な子ども。たった一つ何かができないと“全否定”してしまうこともあります。

例えば学校生活では、たかが算数ができないだけなのに、自己評価がうんと低くなることがあります。更に小学校低学年のうちは足が速かったり、運動神経がいいとクラスのヒーローになれます。そうでないと「自分はダメな子だ」と思うようになります。

また、困っている友達がいたら声をかけているなど優しい心を持っているのにも関わらず、成績面からしか評価しない担任に当たってしまうと“ダメ人間のレッテル”を自分で貼ったりします。

■親が「短所」に目が行ってしまうもの

親は子どもが持っている素晴らしい部分には目がいかず、お友達や兄弟と比較して「あれができていない、これができていない」と“ないものねだり”してしまいがちです。

でも、次のように評価してあげましょう。「あなたは足は遅いかもれしれないけれど、友達に優しくできている」

「あなたは算数は苦手だけれども、飼育係を一生懸命やってウサギを可愛がっている」

「漢字は苦手だけれども、給食を好き嫌いしないでお替りもしているね!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.