子育て情報『夫のせいで妻が病む!? 夫婦関係を良くする「意識改革」のコツ5つ』

2017年11月10日 22:30

夫のせいで妻が病む!? 夫婦関係を良くする「意識改革」のコツ5つ

大事なこと!「自分を評価する」

「専業主婦だから」「夫に悪いから週末に家事や育児の分担をお願いできない」などという声がよく聞こえます。これはハッキリ言って、自己卑下し過ぎかも?

家庭を切り盛りする、子どもを育てるのは重労働です。

自分の行為を低く感じることはやめませんか?自分に誇りを持って生きましょう。

(2)夫に自分と同じクオリティを求めない

夫が家のことに手を出すと、ダメ出しが多くなりがちに。

それではお互いに疲れてしまいます。

夫のやってくれたことに文句を言いたくなったら、“最初から完璧な人などいない”と自戒しましょう。

(3)夫の愛を「主体的」に受け取る

どんなに言葉少なでも、妻の求める優しさをくれなくても、夫が家にお金を入れているという行為自体が“愛そのもの”です。

そこをしっかり認めると、夫に対する行動が変わります。

(4)夫と妻は家庭という会社の「共同経営者」である

夫は長男などではありません。対等なパートナーです。

家族というひとつの集団が幸せに日常を送る為に、協力し合う相手だということを認識しましょう。

(5)それぞれの得意分野で活躍する

夫の得意な事を認識し、得意分野で家事と育児を分業しましょう。

冷蔵庫チェックが好きな夫には冷蔵庫の掃除を、凝った料理が好きな夫には友人が来た時のおもてなし担当など、まずは好きなことで活躍してもらいましょう。

いかがでしたか?

ご紹介した意識改革は、実際に筆者が行ったものです。

この意識改革で気付いたことは、自分にも他人にも“その人以上のもの”を求めていたということ。

一人で抱えていた家事や育児などを、自分以外の家族に任せることができるようになったことで、夫をはじめ家族が家のことをする割合が驚くほど増えました。

筆者は“自分が変われば周りが変わる”を、身をもって経験したのです。ありのままの自分、そしてありのままの夫や家族を認めることで、家族全員にとって家庭が居心地の良い場所になりますよ!

【参考・画像】
※ 用語解説コラム – 三井UFJ信託銀行
※ 石蔵 文信(2014)『なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか エイリアン妻と共生するための15の戦略』幻冬舎
※ Phovoir / Shutterstock

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.