子育て情報『園の面談に左右されないで!「認められる経験」こそが子どもに自己肯定感を与えるのだから』

2016年10月31日 14:35

園の面談に左右されないで!「認められる経験」こそが子どもに自己肯定感を与えるのだから

と却って喜びましょう。

■自己肯定感を持てるのは「認められる経験の多い子」

兄弟喧嘩はするし、好き嫌いはするし、食事は残すし、お片付けはしないし、グズグスしているし……。ママにしてみると、褒める材料など見当たらないかもしれません。

でも、喧嘩をしていない瞬間はあるはずです、好き嫌いはあっても全て食べない訳ではありません。

食事を残したって食べているものもあります。遊びたい時はグスグスはしていません。出来ていない面ではなく出来ている面にスポットライトを当てましょう。

もし、個人面談で「お友達とも仲良く出来ないし、椅子にも座っていられないし」とマイナスの評価しかしない担任に当たってしまった場合でも、家に帰って「ママ、面談で注意されちゃったわよ!もっとお利口にしていないとダメでしょ!」と、先生と一緒になって傷口に塩を塗るのは止めましょう。

先生が認めてくれない分、子どもが出来ている面をママがしっかりと言葉に出して褒めてやりましょう。

先生や親が団結して批判したら、子どもはますます自信がなくなり、やがて潰れてしまいますよ。

いかがでしたか。

小学校高学年になると、どうしても勉強面ができるかどうかが評価対象になります。

でも、学力が多少低くても、幼児期から何でも褒める材料にして、“認められる経験”を多く積んでいる子どもは、“自己肯定感”を持っているので壁を乗り越える強い力があります。

一面だけから評価するのは止めて下さいね。


関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.