ママがいないと泣く子…「ママ離れ」の最善策は?

2017年12月10日 22:00
 

source:https://www.shutterstock.com/
来年春に小学校入学を控えるお子様は、就学前健診が終ったところでしょうか。

入学も現実味を帯びてきて、子どもの成長が嬉しいと思う反面、新しい環境で友だちや先生とうまくやっていけるだろうか、勉強についていけるだろうかなど心配もありますね。

また「いつも私にベッタリなのに、ひとりで大丈夫かしら……」と心配するママも多いです。

幼稚園や保育園の門でも、朝は大泣きして抵抗するお子様も。「なぜうちの子だけ?」と悩んでしまうこともあるようです。

今回は、ママベッタリの子が、小学校にあがる前に泣かずに離れられるようになるコツをご紹介します。



ママがいないと泣く子はどうなの?
このタイプの子どもは、感受性が豊かなうえ、人の気持ちに敏感で優しい子が多いと感じます。

「ママと離れて寂しい」と泣くのは、自分の気持ちを素直に表現していることで、けして悪いことではありません。

むしろ、本当は寂しいのに表現できなかったり、気持ちを押さえ込んでしまうことがないので、子どもなりにストレスを発散しているのだと捉えてあげるとよいです。

この歳頃の子どもが、「ママと離れて寂しい」と思う気持ちはよくあること。

「うちの子ばかり……」と悲観する必要もありませんし、何よりもママと信頼関係が築けている証ですので安心してください。

 

どうしたら離れられる?コミュニケーションの方法
source:https://www.shutterstock.com/
しかし、小学校にはひとりで登校しなければなりません。

ママベッタリを卒業してほしい!

そんなときに大事なのは子どもに“共感すること”です。

子どもは「泣いたって幼稚園に行かなければいけない」のは頭では分かっています。ママと離れるのが寂しくて悲しい気持ちを泣いて出したいのです。

「ママと一緒にいたい」と言えば、「ママと一緒にいたいのね。ママも同じだよ」と共感してあげてください。そして好きなだけ泣かせて気持ちを発散させましょう。ここで注意なのは、他の子や先生に迷惑がかかるなんて思う必要は全くありません。

子どもそれぞれの個性なのです。ママがわが子の気持ちを受け止めなければ、他に一番に受け止める人はいないと考えましょう。

朝の忙しいときは、長くは子どもに付き合えないかもしれませんが、できる限りで対応してください。

 

家に帰ってきてからのコミュニケーション
園での話しを十分に聞いてあげましょう。話に共感してもらうことで、子どもは園生活に自信が生まれます。

また、話をしているうちに、客観的に自分の気持ちが分かってきて、漠然としていた不安の正体がわかり、不安が小さくなっていきます。

すると“泣く”、“離れない”という行動が徐々に無くなってくるでしょう。

親はついつい「明日は泣かないで行こうね」とストレートに言ってしまいがちですが、ストレスを倍増させるだけでしょう。

その代わりに、ぎゅっと子どもを抱きしめて安心感を与えてあげましょう。

最後に、別の観点から言うと“子どもの行動は、ママの心の中の鏡”です。

ママが不安で、悲しくて、手放したくないと心の底で思っていると、それが子どもに投影されて泣いてまでママと近くにいたいと思ってしまうこともあると思います。

ママと離れても、子どもはちゃんと育ちます。

ぜひ、子どもを信じて、温かく見守ってあげてくださいね。

 

【画像】
※ Tomsickova Tatyana / Shutterstock

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.