子育て情報『2017年は約92万弱!黒字家計の「冬のボーナス運用術」とは?』

2017年12月9日 22:00

2017年は約92万弱!黒字家計の「冬のボーナス運用術」とは?

2017年は約92万弱!黒字家計の「冬のボーナス運用術」とは?
source:https://www.shutterstock.com/
待ちに待った冬のボーナス!

家計の赤字補てんや年末の帰省費用に充てる人もいれば、家計は幸い黒字なので貯蓄して将来に備えたい。そう思う人もいると思います。

今回記事では、大企業の冬のボーナス調査の結果やボーナスで資産運用をはじめる際の注意点などをファイナンシャルプランナーの視点からまとめました。

2017年は約92万弱!黒字家計の「冬のボーナス運用術」とは?


2017年大企業の冬ボーナス支給見込み額の平均は92万円弱!
毎年この時期に公表される経団連の調査(※)によると、2017年末の大手企業ボーナス支給額の見込み(平均妥結額)は91万6,396円。

前年に比べて減少傾向です(1.19%減/前年比)。

非製造業に限ると平均はさらに下がり66万7,858円にとどまります(同調査結果より)。

とはいえ、年2回のまとまった資金です。低金利が続く中、元手を増やそうとすれば資産運用は避けては通れません。

ボーナスで資産運用するときの注意点
冬のボーナス(の一部)で資産運用をはじめるときに気をつける点は何でしょうか?

当たり前ですが、しばらく使わない資金で、かつ、一時的に目減りしても生活に困らない範囲の金額からスタートすべきです。

そのためには家計の見通し、例えばお子さんの進学費用や住宅購入費用などに影響が出ないか、検討する必要があります。

価格変動がある金融商品は一度に買わない。時間を分けて購入することが鉄則です。

月々100円から積立投資できる証券会社もあります。最初はこうした仕組みを選び、株式投資の勉強を重ねていくのも失敗の少ないやり方と言えるでしょう。

また、売買単位の大きい商品は買わず、小さな売買単位のもの。

単一企業(個別株)ではなく、投資信託のようにある市場を対象とする金融商品から選んでみると、必要以上にリスクを取らずにすみます。

「NISA」や「iDeCo」など税制優遇される制度を利用する手も!
2017年は約92万弱!黒字家計の「冬のボーナス運用術」とは?
source:https://www.shutterstock.com/
2018年1月から『つみたてNISA』がはじまります。

そのほか『NISA/ジュニアNISA/個人型確定拠出年金(iDeCo)』など諸制度があります。

せっかくリスクをとって資産運用をするのであれば、税制優遇があるこれらの制度を利用しない手はありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.