子育て情報『イヤイヤっ子にママも逆ギレ…!? 「外出先でのNGな叱り方」4つ』

2017年12月20日 21:15

イヤイヤっ子にママも逆ギレ…!? 「外出先でのNGな叱り方」4つ

イヤイヤっ子にママも逆ギレ…!? 「外出先でのNGな叱り方」4つ
photo by It Mama
年末年始も近づき、家族でのイベントも多く、外出が増える季節になりました。

小さな子どもをもつママが憂鬱になるのは、お出かけ先での子どもの“イヤイヤ”です。

イヤイヤ期の子どもは一緒に出かけるだけでもひと苦労。

なかには何度言って聞かないわが子に、たまらず大声を張り上げたり、手をあげてしまうママもいます。

そこで、今回は教育コンサルタントとして教育業界に10年以上携わっている筆者が、外出先でのNGなり方と、スマートなり方についてご紹介します。

イヤイヤっ子にママも逆ギレ…!? 「外出先でのNGな叱り方」4つ


こんなり方は絶対やめて!「NG叱り方」4つ
イヤイヤ期は、自我が芽生え自立に向けて子どもが成長する大切な時期です。

「自分でやりたい!」という意欲が生まれる一方、体の成長と実力がまだ追いついていません。

子どもも自分の思いどおりにできない結果、かんしゃくを起こして泣いたり怒ったりして、自分の気持ちを周囲に表現しているのです。

そんな時期の子どもに対して、以下のような叱り方はNGです。

(1)「イヤイヤ言わないで!」とイヤイヤ自体を否定・禁止する

(2)「他の人に迷惑でしょ」と子どもを叱る理由を他者への配慮のせいにする

(3)「言うこと聞かないと鬼を呼ぶよ!」とアプリで言うことを聞かせる

(4)「自分でできないんだから、自分でやるとか言わないの!」と子どもの自立したい気持ちを否定する

外出先では周囲の目がどうしても気になりますが、りすぎて親子共々疲れないように叱るポイントは絞りましょう。

イヤイヤする子に効くスマートな叱り方
イヤイヤっ子にママも逆ギレ…!? 「外出先でのNGな叱り方」4つ
source:http://www.shutterstock.com/
基本的に、親が小さな子どもを叱るべき状況は、

“危険な時”“社会のルール違反をした時”“人を傷つけた時” の3つです。

●スマートな叱り方1:危険はハッキリNGを

外出先で危ないことをしようとした時は、「ここに登ってはいけない」などと危ないことを禁止しましょう。危険なことは命に直結しますので、まずはハッキリとSTOPします。そのうえで、「やってみたかったのね。でもね……」と子どもの気持ちを承認した上でするべきことやルールを伝えます。子どもは自分の気持ちを受け止めてもらうと、徐々にかんしゃくも落ち着いて話が聞けるようになります。

●スマートな叱り方2:その場ですぐに落ち着いて説明を

外出先で子どもがルール違反をした時は、その場ですぐにルール説明をします。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.