子育て情報『15分でパパっと♪夫の帰宅が遅い時の 「ずぼら飯」レシピ2品』

2017年12月24日 21:30

15分でパパっと♪夫の帰宅が遅い時の 「ずぼら飯」レシピ2品

15分でパパっと♪夫の帰宅が遅い時の 「ずぼら飯」レシピ2品
photo by author
年末年始は忘年会、新年会と飲み会が増える時期。

パパの帰りが遅く、ママとお子さんだけの夕飯になることが多いのでは?

そんな日の夕飯は簡単に済ませたいもの!

そこで今回は、管理栄養士で2児のママの筆者が15分でパパっと作れる“すぼら飯”をご紹介します♪

15分でパパっと♪夫の帰宅が遅い時の 「ずぼら飯」レシピ2品


ずぼら飯で簡単に「栄養バランスをとるコツ」とは?
手間をかけずにパパっと作れるごはん「ずぼら飯」は、忙しいママの救世主!

ですが、ママとしては時間をかけないながらも栄養バランスは考えたいもの。

食事は“一汁二菜”を意識すると栄養バランスを取りやすくなります。

・主菜(ごはん、パン、麺類などエネルギー源)

・主菜(肉、魚、大豆製品などタンパク質源)

・副菜、汁物(ビタミン、ミネラル源となる野菜)

ですが、何品も用意するのは大変!

実は、“一汁二菜”を頭に入れておけば、一品料理でも簡単にバランスを良くすることができます。

その方法とは……「一汁二菜の材料を1品にまとめていれてしまう」のです。

簡単ですよね♪

ずぼら飯レシピその1:冷ご飯で作る!「肉団子と大根のごちそうみそ汁」
15分でパパっと♪夫の帰宅が遅い時の 「ずぼら飯」レシピ2品
photo by author
<材料2人分>
冷ごはん・・・お茶碗1杯分
豚ひき肉・・・150g
しょうがチューブ・・・2センチ分
しょうゆ・・・小さじ2
かたくり粉・・・小さじ2
大根・・・100g
にんじん・・・中1/3本
ねぎ・・・1/2本
えのきたけ・・・1/2パック
小松菜・・・2~3株
水・・・300ml
みそ・・・大さじ1

<作り方>
(1)大根、にんじんはいちょう切り、ねぎは斜めにスライスする。えのきたけは長さを半分に切る。ねぎは斜めにスライスする。小松菜は食べやすい長さに切る。

(2)ビニール袋にごはんを入れてもんでほぐし、豚ひき肉、しょうが、しょうゆ、かたくり粉を加えてよくもむ。

(3)鍋に水を入れ、大根、にんじんを入れて火にかける。煮立ったらねぎ、えのきたけ、小松菜の茎を加え、野菜に火が通ったら(2)のビニールの底の角を斜めに切って中身を絞り出し、箸で切るかスプーンですくいながら鍋に入れていく。

15分でパパっと♪夫の帰宅が遅い時の 「ずぼら飯」レシピ2品
photo by author
(4)肉団子に火が通ったら小松菜の葉を加え、みそを溶き入れたらできあがり。

野菜はお好みのものでアレンジ可能ですが、旬の野菜は栄養価が高いのでオススメです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.