子育て情報『【30代夫婦に多い夫婦喧嘩】結婚3年目Aさん(32歳)の場合…』

2018年1月6日 22:00

【30代夫婦に多い夫婦喧嘩】結婚3年目Aさん(32歳)の場合…

【30代夫婦に多い夫婦喧嘩】結婚3年目Aさん(32歳)の場合…
source:https://www.shutterstock.com/
どんな夫婦でも、夫婦喧嘩はつきもの。

激しく罵り合ったり、暴力を振るったりすることは決して許されることではありませんが、ある程度のルールを決めて、その範囲内で喧嘩をすることは、“夫婦の成長”につながることもあるのです。

そこで今回は、『なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか』の著者で、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光が、30代の夫婦にありがちな夫婦喧嘩を例に挙げながら、“生産性がある夫婦喧嘩”についてお伝えします。

【30代夫婦に多い夫婦喧嘩】結婚3年目Aさん(32歳)の場合…


結婚3年目のAさん(32歳)からのご相談
現在、私は育児休暇中で、6ヶ月の男の子の子育てに毎日奮闘しています。
メーカー勤務の夫(35歳)は出張も多く、子育ては“私ひとり”でしている感覚しかありません。

夫が早く帰宅したときなどは、子どもをお風呂に入れてくれたり、洗濯物を畳んでくれたりするときもあるのですが、その他のことに関しては積極的に動いてくれることはほとんどありません。用事を頼んでも、嫌な顔をされることもあり、その態度にイライラしてしまいます。

先日は、とうとう「あなたは私を家政婦としか思っていない!」とキレて喧嘩になってしまい、それから険悪な雰囲気が続いています。

どうすれば、夫がもっと家事や育児に参加してくれるようになるのでしょうか?

最近増えているのは、上記のAさんのように、“子育て”や“家事”をめぐって喧嘩になってしまうという比較的若い世代の人たちからのご相談です。

今までフルタイムで働いていた女性が、妊娠や出産を機に仕事を辞めたり育児休暇を取得したりすることで、“家庭中心”の生活に変化します。

すると、今までの“仕事”とは違う様々な問題に直面することになるので、当然ストレスの種類も違ってくるわけです。

そこで、そのストレスを上手に発散することができない妻は、一番身近な夫へ“不満”という形でぶつけてしまうのです。

怒りに発展する前の「元の感情」に向き合うことが大事
【30代夫婦に多い夫婦喧嘩】結婚3年目Aさん(32歳)の場合…
source:https://www.shutterstock.com/
ここで、Aさん夫婦が喧嘩になってしまった“原因”を考えてみましょう。

夫婦喧嘩は、Aさんが夫に「あなたは私を家政婦としか思っていない!」と発言したことがキッカケで始まってしまいました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.