子育て情報『「余ったお餅」を美味しくアレンジ♪簡単おやつレシピ2つ』

「余ったお餅」を美味しくアレンジ♪簡単おやつレシピ2つ

2018年1月12日 21:00
 

「余ったお餅」を美味しくアレンジ♪簡単おやつレシピ2つ
photo by author
お正月も明け、今年も鏡開きの時期となりました。

年末年始は餅つきをしてお餅を食べたり、お雑煮やぜんざい、おしるこを食べる機会が多いですが、この時期にもなると「美味しいけどそろそろもうお餅は飽きてきたなぁ」という気持ちが出てくるころではないでしょうか。

そこで今回は、いつもの食べ方とはちょっと違う!“お餅のアレンジレシピ”をご紹介致します。

鏡開き後のお餅や、お正月で余ったお餅を美味しく食べきりましょう♪

「余ったお餅」を美味しくアレンジ♪簡単おやつレシピ2つ


カビにご注意!「余ったお餅」のオススメ保存方法は?
まずは余ったお餅の保存方法をご紹介します。

市販されている個包装のお餅は常温で保管してもカビが生えたりすることはありませんが、自宅で搗いたお餅やお餅屋さんで購入した伸し餅など、“真空パック”になっていないお餅は常温保存するとカビが生えてしまいます!

そこで1ヶ月以上の保存にオススメなのが“冷凍保存”です。筆者もお餅は毎年この方法で保存しています。同じ低温保存でも、冷蔵保存はでんぷんが劣化しますので、おすすめできません。

どんな食材でも、なるべく早く食べきることが美味しく食べるためのポイントですが、なかなか食べきれない食材は適切な方法で保存し、美味しくアレンジしてみましょう!

関連記事:1/11は鏡開き!お餅以外に注意したい「窒息事故の多い食べ物」10個

餅アレンジレシピその1「ノンオイル!お餅で作るヘルシーおかき」
「余ったお餅」を美味しくアレンジ♪簡単おやつレシピ2つ
photo by author
●材料(作りやすい量)
・餅・・・2個~3個
・★塩・・・適量
・☆醤油・・・適量
・☆砂糖・・・適量
(醤油:砂糖=2:1)

【作り方】

(1)餅は幅を半分に切り、3~5mmの厚さにスライスする。

(2)トレーやざるなどに並べ、1日~2日室内または天日干しにして乾かす。

「余ったお餅」を美味しくアレンジ♪簡単おやつレシピ2つ
photo by author
(3)オーブンシートを敷いた天板に重ならないように並べ、160℃に熱したオーブンで20分、180℃に温度を上げて15分焼く。(焼き時間は餅の大きさ、乾燥具合によって調整する)

(4)焼きあがったら、熱いうちに塩を振る。この時、少量の水を振りかけながら混ぜ合わせると味が馴染みやすい。

醤油味のほうは、フライパンにおかきを入れ、火にかける。そこに醤油と砂糖を混ぜ合わせたものを回しかけ、水分を飛ばすように絡めながら混ぜる。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.