子育て情報『「脳を育てるモノ」食べさせてる?幼児期におすすめの食材4選』

2018年1月15日 21:00

「脳を育てるモノ」食べさせてる?幼児期におすすめの食材4選

「脳を育てるモノ」食べさせてる?幼児期におすすめの食材4選
source:https://www.shutterstock.com/
“頭の良い子になってほしい”親なら皆そう願うのでは?

良いといわれることは何でも試してみたいですよね。

お稽古や読み聞かせなど、さまざまな方法があるかと思いますが、食べ物からアプローチをしてみるのはいかかでしょうか。

今回は2児の母で管理栄養士の筆者が、脳に良いとされる食品と、幼児期にオススメのレシピをご紹介します。

「脳を育てるモノ」食べさせてる?幼児期におすすめの食材4選


脳に良い栄養素とは?
脳に良い栄養素とはどのようなものでしょう。脳の発達や維持のためには、機能を高める成分のほか、エネルギー源も欠かすことができません。具体的にご説明します。

●糖質・・・脳の唯一のエネルギー源となる栄養素です(※1)。

●ビタミンB1・・・糖質をエネルギー源に変えるのに必要な栄養素です(※1)。不足すると集中力が低下することがあります(※2)。

●DHA(ドコサヘキサエン酸)・・・脂質を構成する“脂肪酸”のひとつで、学習・記憶能力を高めるという報告があります(※1)。

●レシチン・・・脳への情報伝達をスムーズにし、脳細胞を活性化するとされています(※3)。

関連記事: 受験前に食べさせたい!集中力アップ!受験生応援レシピ(ハハカルテ)

幼児期に摂っておきたい!脳に良い食材4選
(1)たまご・・・“レシチン”を含みます。

ビタミンC以外の必要な栄養素を含むことから“完全栄養食品”とよばれることもあります(※3)

(2)大豆製品・・・たまごと同じく“レシチン”を含みます。

良質のタンパク質、カルシウム、鉄といった成長期にとりたい栄養素も豊富に含んでいます(※3)。

(3)鮭・・・“DHA”のほか、“ビタミンB1”も含みます(※3)。

魚が苦手なお子さんも、鮭なら食べられるということも多いです。

(4)青魚・・・“DHA”は魚介類に含まれていますが、特にアジ、サバ、イワシのような青魚には豊富に含まれています(※3)。

魚が苦手なお子さんにもオススメ!「鮭のピカタ」
「脳を育てるモノ」食べさせてる?幼児期におすすめの食材4選
photo by author
日本人は魚離れが進んでいるといわれます。“魚が苦手”というお子さんも多いかもしれません。

今回は魚が苦手なお子さんも食べやすい“鮭”を使ったレシピをご紹介します。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.