子育て情報『勉強ができる天才児だけじゃない!「ギフテッド」のタイプ6つ』

勉強ができる天才児だけじゃない!「ギフテッド」のタイプ6つ

2018年1月13日 22:01
 

関連リンク

・二の腕すっきり!ヨガインストラクターが教える簡単ストレッチ♪
・【連載☆子育てあるあるマンガ】「外の世界」by numaccoさん
・子どもを“片付け上手”にするための3つのコツ
source:https://www.shutterstock.com/
昨年9月に、渋谷区が日本初の『ギフテッド・プログラム』を開始しました。

また11月には、映画『ギフテッド』が全国で上映され、日本でも「ギフテッド」という言葉が、以前より聞かれるようになったのではないでしょうか。

渋谷区では、ギフテッドを“全般的または特定の分野で高い能力を発揮する子ども”と定義しています。(※1)

映画『ギフテッド』でも、小学校低学年でありながら、大学レベルの数学の問題を解いてしまうといった、数学の能力が突出した女の子が主人公となっていますね。

この記事では18年間様々な立場から教育に携わり、米国の『ギフテッド・プログラム』に子どもを通わせたことのある筆者が、ギフテッドの6つのタイプについてお伝えします。



ギフテッドは「勉強ができる天才児」ばかりじゃない!?
「ギフテッド」と聞くと、幼少期から突びぬけた能力を発揮し、学校の勉強もラクラクこなし、飛び級をして大学へ進学するような“天才児”といったイメージをもたれる方も多いのではないでしょうか。

ところが、ギフテッドの専門家によると、ギフテッドには様々なタイプがあるといいます。(※2)

それらのタイプの中には、“学校の勉強ができる天才児”といったイメージとはかけ離れ、逆に学校では、“落ちこぼれ”にも見えるタイプもあります。

では、ギフテッドの6タイプとは、どんなものなのでしょう?

関連記事:「天才児」を育てたママがしているある共通の態度とは?

 

わが子ももしかして…?「ギフテッド」の6タイプ
source:https://www.shutterstock.com/
(1)学校内での成功タイプ

一般的なギフテッドとして、最も認められやすいタイプです。親や先生の期待に答え努力するため、学校の成績や統一テストの点もよく、学校システムの中で成功します。

 

(2)創造的で挑戦タイプ

創造力が高く、時に先生の教えや規制のルールをすぐには受け入れないため、学校システムの中では“問題児”として扱われる場合もあります。 

(3)隠れタイプ

周りの大多数に合わせ、極力目立たないよう自らの能力を隠します。小学校高学年から中学生の女子に多いとされます。

 

(4)学校を中退するタイプ

大多数とは異なる関心や興味の深さを持つため、周りからその能力を理解されることも少なく、頑張ることを諦めたり、学校にフィットできず不登校となる場合もあります。

 

(5) 発達障害を併せ持ったタイプ

自閉症スペクトラム、注意欠如・多動症、学習障害などの発達障害を併せ持ち、能力に著しい凸凹を持つ場合があります。

 

(6)自立タイプ

学校システムに依存するよりも、学校は自ら目指す目標のために活用するものととらえます。周りからも能力を認められ、自信に溢れ、学校の勉強という枠組みをこえて活躍します。

 

米国では、学校で認められるギフテッドの90%が、1の学校内での成功タイプと言われます。(※2)

それでももし学校の勉強という面からは見えにくいこともある、上の2から6までのタイプが“ギフテッド”として見出されるならば、ギフテッドの子どもや人々というのは、私たちが想像する以上に多いのかもしれません。

 

みなさんの周りにも、学校の勉強の不出来には関係なく「はっ」とするような“ギフト(能力)”を発揮する子どもや人々がいるのではないでしょうか?

どんなギフテッドのタイプであれ、ママとして心がけたいのは、子どもの“ギフト(能力)”を育む機会を、できる範囲で与えてあげること。

例えば、学校の勉強に限らず、その子が関心を持つ物事に夢中になれる機会やその子のペースで興味を深められる機会を確保してあげるのも方法です。

わが子の持つそれぞれのギフトを、たとえ今はまだとらえにくいものであっても存分に伸ばしてあげられる親になりたいですね。

関連記事:天才児に育って欲しい?専門家が教える「ギフテッドチャイルド」の正しい理解とは

 

【参考・画像】
(※1)「渋谷区で動き出したギフテッド教育、協働する東大先端研と区長の思い」 – マイナビニュース
(※2)Betts, G. and Neihart, M. ’Profiles of the Gifted and Talented.’ Davidson Institute for Talent Development. Reprinted from Gifted Child Quarterly, National Association for Gifted Children (NAGC) 1988. Web. July 2015. 
※ varandah、 Haywiremedia / Shutterstock

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.