子育て情報『妹が先に妊娠…!家族間で起きた「妊活トラブル」エピソード』

2018年1月19日 22:00

妹が先に妊娠…!家族間で起きた「妊活トラブル」エピソード

式を挙げてからちょうど1年後くらいに妊娠が発覚して、かわいい女の子を出産しました。
とにかく愛おしくて近所に住んでいた妹の自宅にちょこちょこ顔を出していたんです。
そんなる日、『お姉ちゃんはまだ子ども作らないの?』『年齢のこともあるし、お母さんが心配していたよ』と言われてハッとしました。
それまで焦りはなかったけど、『年齢』ってキーワードが心に引っかかって妊活を始めることにしたんです。
1年もしないうちにタイミング療法で授かることができたけど、母親が妹にそんな話をしているのがショックで、今もときどき自分のいない場所で何を言われているのか不安になります……。(35歳/埼玉県/1児の母)

両親や親類からの「そろそろ?」「いつになったら孫の顔を見せてくれるの?」といった無神経な言葉は、既婚女性にかなりプレッシャーを与えるもの。

特に今回のケースのように、自分のいないところで交わされた妊娠・出産に関する井戸端会議は、「そんなことを思っていたとは……」と大きなストレス・焦りに繋がってしまいます。

両親に孫の顔を見せるのは、確かに親孝行かもしれません。でも、子どもが苦しんでいる姿を見て心が痛まない親は一人もいません。

周りからの期待に押しつぶされないように、「こんな意見もあるのね」と広い心で受け止めておきましょう。

関連記事:排卵日に夫の職場まで行っちゃった!? 「妊娠成功エピソード」3つ

▼本格的に不妊治療をスタートしたのに…

こっそりタイミングを狙ってもなかなか妊娠できなかった私。1日も早く赤ちゃんが欲しかったから夫に不妊治療をしようかと相談すると、『〇〇の好きにしていいよ』と投げやりの返事が戻ってきました。
友人たちがSNSに子どもの写真をアップするたびに心がモヤっとしている私の複雑な想いを伝えても『そんなの考えすぎでしょ!』と聞く耳を持たない夫にさらにガッカリ。不信感でいっぱいになっていました。
でも、どうして協力してくれないのかと怒りをぶつけていたら、『ネガティブになってもホルモンバランスが乱れていい結果は出ないよ。〇〇が納得する方法で妊活をスタートしようか』と寄り添ってくれるようになりました。(34歳/東京都/2児の母)

妊活において、1番の理解者でなければならない夫。

でも、「よくわからない」「仕事が忙しい」ことを理由に、背を向けてしまう男性は少なくありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.