子育て情報『注目の「ファイトケミカル」って?野菜の栄養満点スープレシピ♪』

2018年1月21日 21:15

注目の「ファイトケミカル」って?野菜の栄養満点スープレシピ♪

目次

・▼「ファイトケミカル」って何のこと?
・▼ファイトケミカルの中でも有名な成分と働き3つ
・▼オススメレシピ♪「トマトと根菜のスープ」
・ 
・▼番外編:栄養たっぷりのだし「ベジブロス」の作り方
注目の「ファイトケミカル」って?野菜の栄養満点スープレシピ♪
Photo by author
近年様々な食にまつわる新しいブームが来ていますよね。その中のひとつ「ファイトケミカル」って耳にしたことがありますか?

「ケミカル」と聞くと化学的なイメージを持ってしまいますが、実は美容や健康に役立つ成分なのです。

今回は2児の母で管理栄養士の筆者が、生活習慣病などの予防にも効果があると期待されている「ファイトケミカル」の効果と、オススメレシピをご紹介します!

注目の「ファイトケミカル」って?野菜の栄養満点スープレシピ♪


▼「ファイトケミカル」って何のこと?

1980年代以降の研究で、ビタミンやミネラル以外に人体に有益な働きある物質がわかってきました。

この物質が、「ファイトケミカル(フィトケミカル)」とよばれるようになりました。

ファイトケミカルとは、ギリシャ語で植物を意味する“phyto”と英語の“chemical”が合わさった言葉で、“植物由来の機能成分”のことです。

とらなくても欠乏症になることありませんが、ファイトケミカルの多くが健康を保つのに有効な“抗酸化作用”を持っています。

抗酸化作用とは、体内で増えすぎた“活性酸素”が細胞を攻撃するのを防ぐ働きのこと。老化防止のほか、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病予防にも効果が期待できるそうです。

▼ファイトケミカルの中でも有名な成分と働き3つ

数千種類以上あると考えられている“ファイトケミカル”の中でも、よく知られているものをご紹介します。

●リコピン・・・トマトに含まれる色素成分で“カロテノイド”の一種です。抗酸化作用があり、油に溶けやすい性質があるので、油と一緒にとると吸収率が上がります(※2)。

●アントシアニン類・・・ブルーベリーや黒豆などに含まれる色素成分です。眼精疲労の回復に効果が期待できます(※1)。

●ケルセチン・・・たまねぎに含まれる“フラボノイド”の一種で、コレステロールの酸化を防ぐ働きがあるとされています(※1)。

関連記事:捨てないで!実は栄養たっぷりな野菜の部位って?

▼オススメレシピ♪「トマトと根菜のスープ」

注目の「ファイトケミカル」って?野菜の栄養満点スープレシピ♪
Photo by author
<材料2人分>
・むきえび・・・100g
・トマト・・・中1個
・ねぎ・・・1/3本
・れんこん・・・50g
・だいこん・・・50g
・レモンスライス・・・3枚
・しょうゆ・・・小さじ1
・ごま油・・・小さじ1
・塩・こしょう・・・適宜
・水・・・200ml

<作り方>

(1)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.