子育て情報『ママの「~しなさい!」はNG?子が自ら考え行動できるようになる方法』

2018年1月21日 21:30

ママの「~しなさい!」はNG?子が自ら考え行動できるようになる方法

目次

・▼ママが「指示」を出し過ぎていませんか?
・▼「指示」を「質問」へおきかえてみましょう
・▼「質問」する際、思い出したいこと
ママの「~しなさい!」はNG?子が自ら考え行動できるようになる方法
source:https://www.shutterstock.com/
「着替えなさい!」「歯みがきしなさい!」「ジャケット着なさい!」

そういちいち言わないと動かないし、言ったって聞かないで他ごとばかりしていることもあり、朝なんて遅刻しそうになって修羅場……。

子育て中の家庭で、よくみられる光景ですよね。

この記事では、18年間様々な立場から子育てに携わり、アドラー心理学に基づく「ポジティブなしつけ講座」認定講師でもある筆者が、子どもが主体的に協力するようになる「言葉がけ」をお伝えします。

ママの「~しなさい!」はNG?子が自ら考え行動できるようになる方法


▼ママが「指示」を出し過ぎていませんか?

子どもが「言わないとしない」、または「言っても聞かない」場合は、まずママがどんな「言葉がけ」をしているかを振り返ってみましょう。

例えば朝、何度「指示」を出していますか?

「起きなさい」「着替えなさい」「顔を洗いなさい」「食べなさい」「肘をつかないで食べなさい」「歯を磨きなさい」「お皿を流し台まで持っていきなさい」「鞄をとってきなさい」「ジャケットを着なさい」「靴を履きなさい」……。

こうして「指示」ばかりしていると、子どもはどうしてもママに言われたら思考停止で従う「指示待ちっ子」か、右から左へと聞き流して頓着しない「言うことを聞かない子」になりがちです。

そこでママもイライラして怒りを爆発させるなら、今度は「怒られたら聞く子」となり、それでも子どもというのは次第に怒られることにも慣れていきますから、結局ママが怒る度合いをどんどんエスカレートせざるをえなくなってしまいます。

そうして、朝から怒鳴ってばかりの悪循環に陥ってしまっては、ママも毎日ぐったりですよね。

では、どうすればいいのでしょうか。

関連記事:1日に何十回言ってる?大人都合の言葉「早く〇〇しなさい!」を減らす方法

▼「指示」を「質問」へおきかえてみましょう

「指示」しそうになったら、なるべく「質問」するようにしてみてください。

例えば、以下のような「質問」をすることができます。

×着替えなさい!
→〇バスに乗り遅れないためには今どうしたらいいかな?
×歯を磨きなさい!
→〇歯がピカピカになって口の中が気持ちよーくなるにはどうしたらいい?

×お皿を流し台にもっていきなさい!
→〇食べ終わったらお皿はどうしたらいいかな?

×鞄をとってきなさい!
→〇忘れ物ない?

×ジャケット着なさい!
→〇今日は風が強いね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.