子育て情報『生理の経血「量が多い・少ない」の違い、妊娠との関係性って?』

生理の経血「量が多い・少ない」の違い、妊娠との関係性って?

2018年1月28日 21:45
 

目次

・▼生理中の出血は「子宮内膜の厚み」に関係している!
・▼出血の多い・少ないには女性ホルモンが関係している!
・▼生理中の経血量は「妊娠」に関係ある?
・▼妊娠も視野に入れて…日常でできる対策は?
生理の経血「量が多い・少ない」の違い、妊娠との関係性って?
source:http://www.shutterstock.com/
生理(月経)とは、妊娠するために必要な卵子を放出させるために必要な周期のことを言います。

生理は女性にとって他人に相談しにくいこともあり、「これって自分だけなのでは?」と不安に感じてしまうことも多いですよね。

そこで、今回は医学博士である筆者が、生理中のギモン・不安である「経血量の多い・少ないの差」をご紹介します。

生理の経血「量が多い・少ない」の違い、妊娠との関係性って?


▼生理中の出血は「子宮内膜の厚み」に関係している!

生理中、ナプキンの量が人より明らかに多かったり、人より短い期間で終わったりなど、個人差を感じたことはありませんか?

生理中の経血量の違いは、普段の月経周期の中で「どれくらい子宮内膜が厚くなったかどうか」によって異なります。

そもそも、生理中の出血は子宮内膜が剥がれてしまったという状態なので、それに伴って出血を呈するものを言います。

子宮内膜は時期によってその厚さは0.5mm~7mmまで変化すると言われています。(※1)

月経周期における子宮内膜は増殖期・分泌期・月経期に分けられ、増殖期のときには非常に薄く、月経期になる頃には女性ホルモンの影響を受けて十分に厚くなります。(※2)

子宮内膜は大きく分けて2つの部位に分けられます。

1つが「基底層」で、こちらは月経周期に関係なく厚くなったりすることはありません。よく子宮内膜のことを“ふかふかベッド”と表現することがありますが、このベッドのうちの土台となるものが基底層となります。

それに対してベッドのマットレスに相当するものが子宮内膜の「機能層」です。

この機能層が剥がれる際に出血を伴いますが、経血量が多い場合はこの機能層が十分に厚くなっている、少ない場合は薄い状態であるということが言えます。

▼出血の多い・少ないには女性ホルモンが関係している!

この子宮内膜の厚さは女性ホルモンが関係していますので(※2)、この女性ホルモンの分泌量によって左右されることになります。

すなわち、女性ホルモンの分泌量の変化によって経血量にも差が出て来るということが考えられます。もちろん、これは基礎疾患がないと言う前提となります。

女性ホルモンの分泌量が少ないと、「十分に子宮内膜が厚くならない=経血量が少ない」という可能性が考えられます。

女性ホルモンの分泌量が少なくなってしまう原因として、生活習慣が乱れていることが挙げられます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.