子育て情報『0歳児の「脳の発達」に好影響?親以外の大人と触れ合うメリット3つ』

2018年1月28日 21:30

0歳児の「脳の発達」に好影響?親以外の大人と触れ合うメリット3つ

目次

・▼赤ちゃんとの触れ合いが「脳の発達」に影響を与える?
・▼親以外の大人と触れ合う効果3つ
・▼話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの取り方
0歳児の「脳の発達」に好影響?親以外の大人と触れ合うメリット3つ
source:https://www.shutterstock.com
赤ちゃんには、ママやパパなど人との関わりが大切だということはご存知の方が多いと思います。「スキンシップで絆を深める」などと言われますよね。

では、パパやママ以外の大人が赤ちゃんに関わることのメリットはあるのでしょうか?

そこで今回は、“赤ちゃんと大人の触れ合い”が具体的にどんな効果があるのか、また良いコミュニケーションの取り方は何かを教育コンサルタントの筆者が解説します。

0歳児の「脳の発達」に好影響?親以外の大人と触れ合うメリット3つ


▼赤ちゃんとの触れ合いが「脳の発達」に影響を与える?

これまで赤ちゃんとの触れ合いが大事だとは言われてきましたが、脳の発達に具体的にどう影響するのかについてはわかっていませんでした。

それが、2017年に京都大学から画期的な研究結果が出されたのです(※1)。

簡単にまとめると、実験に参加した生後7ヶ月の赤ちゃん28名が、“他人(成人)に体に触れられながら単語を聞いた場合”と“体に触れられずに単語を聞いた場合”に、どちらが脳が活発に動くかを研究したものです。

結果は、“体に触れられながら単語を聞いた場合”のほうが、より高い脳波活動がみられることがわかりました。

研究では、発達初期の人間の脳は人との体の触れ合いを通して「新しいことを効率的に学習できるしくみになっていると考えられます」(※1 P4)とまとめています。

人から体を触れられるという経験が、赤ちゃんの脳活動に好影響を与えることがわかったのです。

関連記事:【0歳】保育士も実施!「語彙力を伸ばす」コミュニケーション

▼親以外の大人と触れ合う効果3つ

赤ちゃんにとって一番身近な大人は親です。しかし常に親と一緒というわけにはいきません。

では、親以外の大人と触れ合う場合にもよい効果があるのでしょうか?

近年、触れ合うことで赤ちゃんの脳から出される“オキシトシン”というホルモンが注目されています。愛情ホルモンともいわれています(※2)が、この作用も含めて3つの効果があるようです。

(1)学習効果・記憶力UP
京都大学の研究でも明らかになりましたが、親以外の大人と触れ合うことでも効率的に物事を学習できるしくみになることがわかっています。たくさんスキンシップをとることで記憶力もUPする(※2)など脳が活発に活動するのですね。

(2)心の安定
抱っこやおんぶなど赤ちゃんと十分にスキンシップをとることで、オキシトシンが出されて心が安定します。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.