子育て情報『最強寒波でも冷え知らず!マタニティにおすすめ「あったか&防寒」アイテム5つ』

2018年1月27日 21:00

最強寒波でも冷え知らず!マタニティにおすすめ「あったか&防寒」アイテム5つ

目次

・▼妊娠中の冷えは大敵!温めるべき理由3つ
・▼妊婦さんがおさえるべきコーデポイント4つ
・▼便利でオシャレな「冬あったかアイテム&コーデ」
最強寒波でも冷え知らず!マタニティにおすすめ「あったか&防寒」アイテム5つ
source:https://www.angeliebe.co.jp/
今季は、「最強寒波」とも言われているほど寒く、25日の朝は東京都心でも氷点下を観測したそう。

妊婦さんはこの時期、お腹の中の赤ちゃんに影響がないように防寒するのはもちろんですが、おでかけ時は、ただ防寒するだけではなくてオシャレも楽しみたいものです。

今回はそんな妊婦さんのために、よしたか産婦人科の副院長・善方裕美先生による『あったかママになるために身体を冷やさないためにすべきこと』を参考に、2児のママである筆者が暖かくて可愛いマタニティコーデをご紹介します♪

最強寒波でも冷え知らず!マタニティにおすすめ「あったか&防寒」アイテム5つ


▼妊娠中の冷えは大敵!温めるべき理由3つ

産婦人科医の善方先生によれば、おなかの赤ちゃんへの酸素や栄養は血液によって運ばれるため、妊婦さんの身体が冷えてしまうと、赤ちゃんにも影響が出てくる場合があるとのこと。

身体が冷えると以下のような不調が現れてくるそうです。

1:「お母さんの免疫力」が低下して体調を崩しやすくなる
2:冷えることにより、お腹が張りやすくなる
3:血行が悪くなることで不調が起こる

このような冷えを防ぐために、善方先生が教える“あったかママになるための4つのポイント”をご紹介します。

関連記事: 【妊娠初期】あってよかった!「マタニティマーク」の便利な使い方

▼妊婦さんがおさえるべきコーデポイント4つ

(1)首元と腰は冷やさない
首元・胸元を冷やすと、免疫力が下がって風邪をひいたり、食欲不振になったりと、体調を崩しや すくなります。マフラーやストールを使って首元はカバーし、腰は普段よりも意識して温めるとむくみ改善にもつながります。

(2)締め付けない
締め付けることで血行不良からむくみや冷えにつながるため、マタニティウェアを上手に活用して締め付けない服装にしましょう。

(3)簡単に体温調節ができる
室内と外で温度差があるため簡単に体温調節ができるようにカーディガンを合わせるなどすぐに脱いだり着たりできるようなコーディネートだと汗をかいて体温を下げる心配もありません。(4)足首を温める
意外と見落としがちなのが足首です。足首には子宮血流を良くするツボがあるので足首も靴下でしっかり暖めるように意識しましょう。

関連記事: えっ、コレがダメって知らなかった!妊娠中にすべき&NGな10の行動


関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.