子育て情報『「言うこと聞かないとおやつあげない!」はNG!? 罰以外にしたい3つのコト』

2018年1月26日 21:15

「言うこと聞かないとおやつあげない!」はNG!? 罰以外にしたい3つのコト

目次

・▼「罰が子どもを改善する」…効果はナシ!?
・▼罰の代わりにできる3つのコト
「言うこと聞かないとおやつあげない!」はNG!? 罰以外にしたい3つのコト
source:https://www.shutterstock.com/
「言うこと聞かないならおやつナシ!」「わがまま言うなら外に出すわよ!」

子どもの好ましくない行為を前に、思わず、“罰”を与えたくなることってありますね。

では、罰は、どんな影響をママと子どもにもたらすのでしょう?

この記事では、18年間様々な立場から子育てに携わり、アドラー心理学に基づく『ポジティブなしつけ講座』認定講師でもある筆者が、“罰”が子どもに与える影響と、罰の代わりに何ができるかを紹介します!

「言うこと聞かないとおやつあげない!」はNG!? 罰以外にしたい3つのコト


▼「罰が子どもを改善する」…効果はナシ!?

罰については、長年多くの研究がされています。そして、現在分かっているのは、長い目で見るのなら「罰が子どもの言動を改善する効果はない」ということ。

罰によって子どもが好ましくない行為を止めるのは、“嫌な目に合うのを避けたいため”です。なぜしたらいけないのかを、学習しているためではありません。

ですから、ママの目に留まり罰せられることがないのならば、子どもは罰によって一旦止めた行為を繰り返すこともあるものです。

そして子どもが大きくなるにつれ、「別におやつがなくてもいいや」「外に出されたって平気」と、以前は力を発揮していた罰も恐れなくなるならば、言うことを聞かせるために、ママは罰をエスカレートせざるをえなくなってしまいます。

こうして罰は、子どもの内面に”善悪の律”を育むことができないばかりか、ママにとっても“体罰”などのより重い罰への入口ともなってしまいかねません。

また、罰によって子どもの心に育まれるのは、怒り・反抗心・恐れ・「自分はダメ」といった自己肯定感の低下です。

これでは、ママとの信頼関係を築くのが難しくなってしまいます。

関連記事: 人格否定・体罰・暴言…「子どもの心に大きな傷」を与えるNGな叱り方7つ

▼罰の代わりにできる3つのコト

「言うこと聞かないとおやつあげない!」はNG!? 罰以外にしたい3つのコト
source:https://www.shutterstock.com/1:まずは「コネクト」それから「教え・学ぶ」
ママも子も感情が高ぶっていては、なぜいけないのかを教え・学ぶ状態にはありません。

例えば、「お友達のオモチャが欲しい!」と泣きわめいているところへ、「そんなわがまま言うならおやつナシよ!」と叫んでも、ますます火に油を注ぐようなもの。

まずは、気持ちを落ち着けましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.