子育て情報『「うつぶせ寝」や「横向き寝」で、歯並びが悪くなるって本当?』

2018年3月3日 21:00

「うつぶせ寝」や「横向き寝」で、歯並びが悪くなるって本当?

です。

赤ちゃんが寝返りするようになり、いつの間にかうつぶせ寝や横向き寝になっていて「何歳になったら好きな姿勢で寝かせてもいいのかしら」と困った経験はありませんか?

実は、歯並びへの影響を考えると、乳幼児だけでなく、子どもや大人であっても仰向け寝が良いとされています。

大人になってからも、歯やかみ合わせは少しずつ変化し続けます。机の上でのうつぶせ寝や横向き寝であっても、力を与え続けると、少しずつ歯並びがズレていく可能性があります。(※2)

また、うつぶせ寝は下顎を後退させ、顎関節へ負担をかける場合があります。「顎関節症(がくかんせつしょう)」のリスクを減らすためにも、寝るときは顎へ負担をかけないよう、仰向け寝がオススメです(※4)。

顔立ちや歯並び、かみ合わせは遺伝だけが影響しているわけではありません。幼少期の生活習慣や癖も大きな影響を及ぼすとされています。(※5)

赤ちゃんの顔立ちや歯並び、かみ合わせは毎日の寝る時の体勢でも変わっていくもの。

成長発育中の赤ちゃんや子どもたちの健康を守るため、そしてパパやママ自身の健康を守るためにも、親子で“寝る姿勢”や寝る環境をぜひ一度チェックしてみてくださいね。

【参考・画像】
※1 乳幼児突然死症候群(SIDS)について – 子どもの健康に関する取組み(厚生労働省)
※2 口腔習癖ー歯とお口のことなら何でもわかるテーマパーク8020ー日本歯科医師会
※3 うつぶせ寝で育てられた小児の顎顔面形態に関する研究ー海原康孝、天野秀昭、三浦一生、長坂信夫、石田房枝ー小児歯科学雑誌 37(4):695-699 1999
※4 顎関節症とは?ー日本顎関節学会
※5 口腔筋機能療法(MFT)「歯並びが乱れる癖や習慣」ー日本口腔筋機能療法学会
※ Igor Stepovik、Nestor Rizhniak / Shutterstock

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.