子育て情報『ママが思わず夢中!MOE絵本大賞作家「ヨシタケシンスケ」の魅力』

2018年2月8日 21:00

ママが思わず夢中!MOE絵本大賞作家「ヨシタケシンスケ」の魅力

目次

・▼「MOE絵本屋さん大賞」って?
・▼親子でクスッ。「なつみはなんにでもなれる」を読み聞かせてみました!
ママが思わず夢中!MOE絵本大賞作家「ヨシタケシンスケ」の魅力
source:https://www.shutterstock.com/
子どもたちの感性を豊かにしてくれる絵本。

とはいえ、毎年たくさんの魅力的な絵本が書店に並ぶので、「どんな絵本を選べばいいのかわからない……」というママも多いのではないでしょうか。

そんなときは、まず多くの絵本屋さんが推薦している人気の絵本をチェック!

「第10回MOE絵本屋さん大賞2017」受賞作品のなかでも、特に票を集めたヨシタケシンスケさんの絵本をピックアップしてご紹介します。

▼「MOE絵本屋さん大賞」って?

「MOE絵本屋さん大賞」とは、白泉社が発行している絵本専門誌『MOE』で毎年行われている年間絵本ランキングのこと。

全国3000人の絵本屋さんか選者となり、もっともおすすめしたい一冊を選ぶというものです。

第10回目の節目となった2017年は親子で楽しめる絵本がずらりとラインナップ。

さっそく紹介していきましょう。

1位:ヨシタケシンスケ(2016)『なつみはなんにでもなれる』PHP研究所
ママが思わず夢中!MOE絵本大賞作家「ヨシタケシンスケ」の魅力
source:https://www.amazon.co.jp/
『りんごかもしれない』で第6回絵本屋さん大賞に輝いた人気絵本作家・ヨシタケシンスケさんの絵本がトップに。

「すごくいいこと」を思いついたなつみが、おかあさんのところへやってきて、「なつみがなにかのマネをして、それをおかあさんがあてるゲーム」をはじめます。

子どもならではの発想が楽しく、大人も子どもも思わず引き込まれてしまう一冊です。

関連記事:【2歳】子どもの言動に変化が!? 「しつけに役立つ」絵本5選

2位:minchi(2016)『いっさいはん』岩崎書店
ママが思わず夢中!MOE絵本大賞作家「ヨシタケシンスケ」の魅力
source:https://www.amazon.co.jp/
「おむつをかえようとするとあばれだす」「くちのなかにごはんをいっぱいつめてくしゃみをする」など、一歳半ごろの子どもたちの“あるある”を切り取った一冊。

愛おしくて手のかかる「いっさいはん」を通り過ぎたママが読めば、きっと胸がいっぱいになってしまうはず。関連記事: キャラクター本ばかり好む子を「名作絵本」へ誘導する方法

3位:ヨシタケシンスケ(2017)『つまんない つまんない』白泉社
ママが思わず夢中!MOE絵本大賞作家「ヨシタケシンスケ」の魅力
source:https://www.amazon.co.jp/
1位にもノミネートされたヨシタカシンスケさんの絵本。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.