子育て情報『【妊娠中~後期】妊婦さんが注意したい姿勢・心がけたい姿勢は?』

2018年3月2日 21:30

【妊娠中~後期】妊婦さんが注意したい姿勢・心がけたい姿勢は?

目次

・▼妊娠中期~後期:「仰向け」に寝ない方が良いの?
・▼シーン別!妊娠中になるべく「心がけたい姿勢」は?
【妊娠中~後期】妊婦さんが注意したい姿勢・心がけたい姿勢は?
source:https://www.shutterstock.com/
「お腹が大きくなってくると仰向けに寝るのが苦しい。」と耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

妊娠中は大きくなったお腹を支えるために、腰を反らした状態で過ごしている方も多くなりますが、一部の研究によると

そこで今回は、理学療法士の筆者が、妊娠中に注意したい姿勢と心がけるようにしたい姿勢についてご紹介していきます。

▼妊娠中期~後期:「仰向け」に寝ない方が良いの?

「妊娠中期以降は、寝るときには“左側臥位(そくがい)”で寝た方が良い」と聞いて、左向きに寝ているという方もいらっしゃると思いますが、気になるのが「なぜ仰向けで寝ない方が良いのか?」ということ。

その理由は、妊娠中期~後期の妊婦さんは「仰臥位(ぎょうがい)低血圧症候群」を起こす可能性があるという理由で、“仰向け”で寝るのを避けた方が良いとされているからなんです。

「仰臥位低血圧症候群」とは、大きくなった子宮が、背骨の前右側を走行する血管で、心臓に帰る血液が流れている「下大静脈」を圧迫することによって起こるもの。

下大静脈が圧迫されて血液が心臓に戻らなくなると、心臓から送り出される血液量も少なくなるため、血圧が低下してしまい、体は酸素不足に陥ります。(※1)

その結果、悪心・嘔吐、生あくびなどの「仰臥位低血圧症候群」になる可能性があります。(※2)

仰向けに寝ていて気分が悪くなった場合は、左側臥位になることで改善する場合があるので、“楽な姿勢”をとるようにしてみてくださいね。(※1)

関連記事:シムス位で快適な睡眠を…「妊婦の腰痛を和らげる」対策グッズ

▼シーン別!妊娠中になるべく「心がけたい姿勢」は?

【妊娠中~後期】妊婦さんが注意したい姿勢・心がけたい姿勢は?
source:https://www.shutterstock.com/(1)寝る時
寝るときにオススメの姿勢は、「シムス位」と呼ばれる姿勢です。

シムス位は、左向きに横になる姿勢。下になっている左足を身体の少し後ろ向かってまっすぐに伸ばし、右足を身体の前に出して軽く曲げることで「シムス位」をとることができます。抱き枕やクッションなどを使うと楽に「シムス位」をとることができるので上手に活用しましょう。(※3)

(2)立っている時
立つときに大きなお腹を支えるため、腰を反らした状態をとりがちですが、“腰痛の予防”のためにも正しい姿勢で立つことがオススメです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.