子育て情報『早生まれっ子に「小学校前にしておきたい」2つのことは?』

2018年2月4日 21:45

早生まれっ子に「小学校前にしておきたい」2つのことは?

目次

・▼4月に生まれた子と、3月の早生まれの子は1年の差
・▼早生まれっ子のデメリットや心配ごと
・▼早生まれっ子にしたい対策2つ
早生まれっ子に「小学校前にしておきたい」2つのことは?
source:https://www.shutterstock.com
もうすぐ入学の春がきますね。今春小学校に入学するお子さんも多いと思います。

毎年、入学の時期になると、ソワソワしてしまうのが“早生まれっ子”のママ。「うちの子、早生まれだから幼稚園でも手間取った。小学校では大丈夫かしら……」という声が聞こえてきます。

そうお悩みのママに、まずは「大丈夫ですよ」とお伝えします!

今回は、教育コンサルタントで自身もママであるの筆者が入学前にしておきたい早生まれっ子の対策2つをご紹介します。

早生まれっ子に「小学校前にしておきたい」2つのことは?


▼4月に生まれた子と、3月の早生まれの子は1年の差

同じ同級生でも、4月に生まれた子と、3月の早生まれの子とでは約1年も差がついてしまいます。特に幼いうちは、月齢や年齢にともなって体の成長も進むので、数ヶ月でも大きな差だと感じる場合があります。

このため、早生まれの子をもつママは、周りの子と比べて「学習についていけるだろうか」「体力がもつだろうか」「落ちこぼれにならないか」と不安を感じることがあるのです。

筆者の知り合いでも、「遅れをとらないように」と学習ドリルなどに熱心に取り組むママもいます。

関連記事:色々心配な「早生まれ」は愛されキャラ!? 意外なメリット4つ

▼早生まれっ子のデメリットや心配ごと

個人差がありますが、早生まれの子は体つきも同学年の中では小柄な印象です。合わせて内面の成長もゆっくりになる場合があります。

このため、4月生まれの子に比べたら体力や学習面で差がでるのはやむを得ないことです。

早生まれの入学直後の一般的なデメリットをあげてみます。

●デメリット

(1)体育に苦手意識をもちやすい

体の成長が追いつかないため、どうしても遅れをとってしまうことがあるようです。遅れが苦手意識につながります。

(2)勉強に遅れがでる

理解力がまだ発達していないので、遅れをとることがあるようです。そうはいっても、1年生はじめに学習することは、ひらがな・数字の読み書きや数の概念理解が主。繰り返し学習することですぐに追いつくレベルです。(3)言葉の遅れ

自分の気持ちを言葉で表現することに遅れがでることがあるようです。しかし、これも経験を積むことで解決されていきます。

ハッキリ言って、運動や勉強、言葉の遅れは、数ヶ月で差が分からなくなると筆者は実感しています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.