子育て情報『貧血気味の人は要注意!「分娩時の出血量」は月経時の約5倍!?』

貧血気味の人は要注意!「分娩時の出血量」は月経時の約5倍!?

2018年2月9日 22:00
 

目次

・▼分娩時の出血量ってどのくらい?
・▼お産の時、出血はどうして起こるの?
・▼お産の出血に備えて「貧血」の改善をしておこう!
・▼妊婦さんにおすすめの「貧血対策」2つ
貧血気味の人は要注意!「分娩時の出血量」は月経時の約5倍!?
source:https://www.shutterstock.com/
お産の時に心配になるのが、出血です。

「お産の時出血が多くて大変だった!お産の後、貧血で辛かった!」という話を聞いたことはありませんか?

実は、お産の時の出血は、約300人に1人の割合で、生命に危険が及ぶような出血が起こると言われています。(※1)

そのため、産科で働くスタッフも出産時の出血に備え、いつでも急変に対応できるように準備・対策をしています。

今回は、助産師の筆者がこれまでの経験を元にお産の時の出血量は?貧血とは?貧血の対策方法についてお伝えします。

貧血気味の人は要注意!「分娩時の出血量」は月経時の約5倍!?


▼分娩時の出血量ってどのくらい?

個人差はありますが、通常のお産では大体800ml前後、帝王切開の場合は1500ml程度の出血が出ると言われています。(※1)

女性の月経時の出血は120~140ml程度(大体コップ一杯弱)ですので、出産時はおおよそ5倍近くの出血を伴います。

著者の助産師での経験としては、分娩時の出血は少ない方では100ml以下の方もいましたが、多い方では3リットル以上におよぶこともあり、輸血や手術が必要になるケースもありました。

関連記事:生理の経血「量が多い・少ない」の違い、妊娠との関係性って?

▼お産の時、出血はどうして起こるの?

貧血気味の人は要注意!「分娩時の出血量」は月経時の約5倍!?
source:https://www.shutterstock.com/
お産の時の出血は、大まかに分けると2つの原因によって出血が起こります。

(1)胎盤部からの出血

赤ちゃんとママをつないでいた“胎盤(たいばん)”は、血流が豊富でたくさんの血管を通じて血液が流れています。

赤ちゃんが生まれて、その次に胎盤が剥がれる際、何らかの理由で、子宮の収縮が働かない場合などに多量に出血することがあります。

(2)産道からの出血

赤ちゃんが産道を通る際に、一気にお産が進行して、子宮の入り口や膣(ちつ)や会陰(えいん)などで損傷が起こり出血することがあります。

また、出血が多くなりやすいリスクとして前置胎盤・子宮筋腫・羊水過多・多胎・急激な分娩の進行・微弱陣痛・分娩遷延……などが挙げられます。関連記事:生理の経血「色の濃さ」の違い、気をつけたい症状って?

▼お産の出血に備えて「貧血」の改善をしておこう!

お産の時の出血に備えて、妊娠中貧血がある場合はしっかり改善しておくことが大切です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.