子育て情報『妊活中、クラミジアやカンジダに…子宮周りの感染症の影響は?』

2018年2月6日 21:30

妊活中、クラミジアやカンジダに…子宮周りの感染症の影響は?

目次

・▼妊活中、クラミジアやカンジダに…これって病気?
・▼妊活中に感染したら、赤ちゃんや子宮に影響はあるの?
・▼自分で治せる?治療で注意すべきポイントとは
妊活中、クラミジアやカンジダに…子宮周りの感染症の影響は?
source:https://www.shutterstock.com/
感染症とは菌やウイルスによってその部位で繁殖して様々な症状を引き起こすものです。

妊活中にも、感染症にかかる可能性はもちろんゼロではありません。

性交渉によって感染するものを性行為感染症と言い、その原因として菌やウイルスなどが挙げられます。(※1)

今回は医学博士の筆者が、頻繁に目にするような感染症についてみて行きたいと思います。

妊活中、クラミジアやカンジダに…子宮周りの感染症の影響は?


▼妊活中、クラミジアやカンジダに…これって病気?

良く耳にする「クラミジア」や「カンジダ」ですが、これは病気かどうかと言われれば、これが原因となって発症しているものであれば“病気”の分類となります。

しかし元々の感染経路は異なります。

一般的にクラミジア感染症は、性行為感染症として扱われています。人から人への性的接触によって感染すると言われています。

また、妊娠中であれば新生児に母子感染も引き起こしてしまう可能性があります。(※2・※3)

それに対してカンジダは常在菌(じょうざいきん)と言い、もともと人間と共存している菌です。

普段は免疫で押さえられているのですが、免疫が弱くなったり生体内部環境の変化によって症状を呈してしまうことがあります。(※4・※5)

関連記事:【医学博士監修】こんな症状に注意!30代女性の「生理トラブル」

▼妊活中に感染したら、赤ちゃんや子宮に影響はあるの?

カンジダに関しては特に影響はないとされています。

出産するときに赤ちゃんが低体重児であった場合には口内カンジダ症、先天性皮膚カンジダ症、全身性カンジダ症などの症状が出て来ることがありますが(※6)、妊活中や妊娠中であればそこまで心配はいらないものであると考えられます。

問題なのはクラミジアです。

もちろんクラミジアは男女どちらにも感染するものですが、特に女性器クラミジア感染症の場合、子宮頸管炎を発症することがあります。

さらにこの子宮頸管炎は半数は無症状のため、気が付かない状態が続くと、感染が進んで骨盤内炎症が発症してしまうことがあります。結果的に卵管障害などを併発し、不妊症になってしまう可能性も否定できません。

また、妊娠中にクラミジアを保有している場合、産道感染によって新生児結膜炎や肺炎を起こす場合があるので注意が必要です。(※2)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.