子育て情報『妊娠したら抜け毛が増えた!? 「髪トラブル」の原因と改善方法』

妊娠したら抜け毛が増えた!? 「髪トラブル」の原因と改善方法

2018年2月10日 21:15
 

目次

・▼妊娠中に髪の毛が抜ける理由は?
・▼抜け毛だけじゃない?妊娠中のカラダの変化
・▼妊娠中のNG行動と生活習慣の改善方法とは
妊娠したら抜け毛が増えた!? 「髪トラブル」の原因と改善方法
source:https://www.shutterstock.com/
妊娠中は当然妊娠していないとき比べ、生体内部環境が大きく変化します。

それによって妊娠していないときでは起こらなかった生体変化が見られると考えられます。

教科書的には「妊娠中の母体の全身の変化」と表現していますが(※1)、今回はその中でも“妊娠中の髪の毛に起こりうる変化”について見ていきたいと思います。

妊娠したら抜け毛が増えた!? 「髪トラブル」の原因と改善方法


▼妊娠中に髪の毛が抜ける理由は?

髪の毛は“性ホルモン”に関係していると言われ(※2)(※3)、特に男性に脱毛が多いのは“男性ホルモン”が深く関係しているということがわかっています。(※4)

一般的に男性と比べて女性に“薄毛”が少ないのは、女性の方が男性ホルモンが少なく、薄毛の原因となりうる物質が少ないからであるのと、女性ホルモンによって髪の毛を抜かないようにするからと言うことができます。

妊娠中は普段の生体内部環境とは異なります。

特に女性ホルモンに関しては、月経周期によって一定の分泌を行っているのですが、妊娠中はこのバランスが崩れます。(※1)

もちろん個人差があるので一概に全員に当てはまるというわけではありませんが、一般的に女性ホルモンの主役である「エストロゲン」は、着床して胎盤が作られた時から出産の時までずっと増加し続けます。(※5)

エストロゲンは妊娠していないときには月経時に排卵付近で一度上昇し、その後低下をしていきます。そしていわゆる“生理”を起こします。(※6)

これが通常の女性ホルモンの分泌となり、髪の毛を保ってくれています。

しかし、妊娠中はずっと増加し続けているので、その状態に体が付いて行けず、髪の毛が抜けやすくなったり、逆に多毛になってしまうという可能性が考えられます。

▼抜け毛だけじゃない?妊娠中のカラダの変化

上述したように原因は女性ホルモンであると考えられます。

これまでの性周期とは異なって、妊娠中は常に女性ホルモンが多く分泌しているということが言えるので、それに伴って髪の毛が薄くなってしまったり、逆に多くなってしまったりということが考えられるのです。妊娠中は安定期に入ったとしても、変に改善をしようとすると、どうしても胎児に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるために、改善方法と言えば生活習慣や食生活を正すというくらいしかありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.