【冬生まれの赤ちゃん編】実は「喜ばれない出産祝い」5選

2018年2月12日 21:15
 

source:https://www.shutterstock.com/
親戚やお友達の出産祝いや、子どもの誕生日プレゼントには、やはり喜ばれるものを選びたいですよね。

しかしベビーグッズは種類も多く、プレゼントに悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は冬生まれの子をもつママにヒアリングして、誕生日や出産祝いで“実はいらなかったもの”を教えてもらいました。

これを覚えておくだけで、喜ばれるプレゼントを選ぶ際の参考になりますよ!



▼冬生まれの子に「実は喜ばれない!?」プレゼント5選 

冬生まれの赤ちゃんは、生れてすぐは外も寒いため、暖かくなるまで外出を控えるママが多いそうです。

そのため「防寒具や外出着などもらったけどいらなかった」という声がありました。

(1)帽子
子ども服のお店に行くとクマやウサギの耳のついた可愛い帽子や、モコモコ素材・ニット素材の可愛い帽子がありますよね。

しかし、0歳~1歳頃の赤ちゃんは抱っこひもやベビーカーに乗るので帽子をかぶる機会はとても少なく、中には嫌がって泣いてしまう子もいます。可愛いけれど、あげる際は気を付けましょう。

関連記事:おむつケーキはNG!? 実は「もらって嬉しくない出産祝い」5選

(2)靴下・レッグウォーマー
暖かい室内で過ごしている赤ちゃんは、靴下やレッグウォーマーを付ける機会があまりありません。

2足あれば十分で、たくさん頂いてもほとんど履かずにサイズアウトしてしまったという声がありました。

 

(3)ブランケット・おくるみ 
サイズを気にせず、長期的に使いやすいものとして贈る方が多いのがブランケットではないでしょうか。

しかし、ベビーカーや抱っこひもに使うとしても“留め具”がないとずり落ちてしまったりで意外と使いにくい場合があります。

筆者の周りには、防寒カバーやフットマフを使うママが多く、ブランケットを使っていないというママが意外と多かったです。

 

(4)新生児サイズの服 
生れてから成長するスピードには個人差があるので、新生児サイズはあっという間に着れなくなってしまった、頂いた時にはもうサイズアウトしていたという声がありました。防寒具も身につける機会が少ないため、着るタイミングがなかったそうです。 

衣服は大きめサイズのものを選ぶか、着る季節を外出が増える春から夏頃を想定して贈ると良いでしょう。また、ママの趣味ではない柄の服や小物を頂いて着せる事はなかったという意見もありましたので、事前にママの好みも考えてセレクトしてみてくださいね。

関連記事:実は喜ばれない!出産祝いであげない方がいい「子ども服」5つ

(5)授乳服・授乳ケープ 
ママに出産お疲れ様!とプレゼントを贈る方もいるかと思います。

しかし、母乳とミルクどちらで育児しているかは仲が良くないと聞きにくいと思います。ミルクで育てているママは、授乳服を頂いても着なかったそうです。こちらも事前にママの考えを聞いておくか、配慮して避けたほうがベターかもしれません。

 

▼本当に喜ばれる「プレゼントの選び方・ヒアリング方法」

source:https://www.shutterstock.com/
では、どのようなプレゼントを贈ると喜ばれるのでしょうか?選ぶ時の注意点や出産する相手へのヒアリング方法をお伝えします。

(1)何が欲しいか、必用なものは事前にリサーチ

プレゼントを贈る相手には、やはり事前に「何が欲しいのか」聞いてしまうのが一番です。

筆者はブランケットを6枚、レッグウォーマーを2足いただきましたが、どちらも1枚あれば十分でした。

他のママも同じブランドのブランケットを複数枚もらったと言っていましたので、プレゼントを贈る前に何が欲しいのかはぜひ聞いてみて欲しいです。

関連記事:出産準備に大人気!フィンランドで有名な「ベイビーボックス」って?

 

(2)他の人と被るもの・高価なものは避けておく

プレゼントを贈る時の注意点は、赤ちゃんが男の子なのか女の子なのか必ず確かめておくこと。

性別がどちらかわからない場合はイエローやオレンジなど無難な色や柄の少ない物にしておきましょう。また、他の人のプレゼントと被らないものを贈るよう気をつけましょう。

同じ服やマザーズバッグを違う友人から貰い、それぞれ2つ持っているという方もいました。

他にも、ブランド品や高価なものは頂くと嬉しいですが、お礼に困ってしまった……という声も。何人かでお金を出し合って高価なものを1つプレゼントといった方法か、相手が困らない程度のお祝いを渡すとママにも喜ばれるようです。

 

お祝いで贈るプレゼントですから、喜ぶものを贈りたいですよね。

ぜひ贈る際の参考にしてみてくださいね!

 

【画像】
※ Saulich Elena、Alena Ozerova / Shutterstock

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.