子育て情報『意外と見られている!? 「外出先での授乳」困ったエピソード』

意外と見られている!? 「外出先での授乳」困ったエピソード

2018年2月14日 21:15
 

目次

・▼「外出先の授乳」困ったエピソード
・▼授乳ケープは「ママの洋服」で代用が便利!
・▼授乳しやすい服、授乳には向かない服ってある?
意外と見られている!? 「外出先での授乳」困ったエピソード
source:https://www.shutterstock.com/
レストランなどの“公の場での授乳”について、日本のみならず、各国でさまざまな意見が飛び交っていますね。

ママになると「おっぱい」と発言するのもとたんに恥ずかしくなくなりますし、乳首さえ見えなければ、“授乳姿”を見られても大したことではなくなります。

でもそれは、授乳という環境に慣れていない人から見たら、思わず目を背けたくなる事態かも?

今回は2人の子どもを完全母乳で育て、現在6ヶ月の赤ちゃんを母乳育児中の筆者が、外出先での困った授乳エピソードと、よりスムーズに母乳育児ができるためのオススメアイテムを伝授します!

意外と見られている!? 「外出先での授乳」困ったエピソード


▼「外出先の授乳」困ったエピソード

外出好きな筆者は、外出先の授乳でたくさんの「困った!」に遭遇してきました。そこで、特に困ったな~と感じたものを紹介します。

(1)授乳に必要なグッズを一式忘れてきた!
授乳ケープ、赤ちゃんの吐き戻しを拭くガーゼやタオル、バッグに入れたはずなのに、全て家に忘れてきたことがありました。

外出先でお腹が空いて泣き叫ぶ赤ちゃんに、すぐ授乳できないという状況はとても焦りました。

(2)授乳室が満室でなかなか空かない!
ショッピングモールなどは授乳中のママにやさしい施設だから……と安心していたら、休日の授乳室は激混みなんですね。

授乳待ちの列ができていました……。赤ちゃんは泣くし、並んでいるママたちも心なしかイライラしている様子で「相席にします?」と、隣にいた見知らぬママに提案したこともあります。

このように、外出時には、いつでも授乳するわけにはいかない場合もありますよね。そんな時のママの工夫をお伝えします!

関連記事:意外に見られてますよ!外出時の授乳の注意点

▼授乳ケープは「ママの洋服」で代用が便利!

よく外出するママは“授乳ケープ”を買ってもいいと思いますが、実は“カーディガン”でも十分代用可能なんです!

カーディガンのボタンをすべて外し、袖をママの首に巻くか結び付け、エプロンのような形にして使用すると、赤ちゃんをすっぽり隠す授乳ケープのようになりますよ。薄手のカーディガンなら持ち運びもかさばらず、肌寒い時には赤ちゃんにかけてあげることもできます。

カーディガン同様、ママのそのとき着ている“パーカー”や“アウター”、“大判のストール”などでも代用できるので、困ったときはぜひお試しを♪

関連記事:ポロリにご注意!? 母乳育児におすすめ「授乳ケープ」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.