子育て情報『創造力&記憶力アップ!親子で簡単「マインドマップ」の描き方』

2018年2月14日 21:00

創造力&記憶力アップ!親子で簡単「マインドマップ」の描き方

目次

・▼思考を視覚的に整理する!「マインドマップ」とは?
・▼マインドマップの基本的な描き方
・▼親子で一緒に!楽しむ「マインドマップ」
創造力&記憶力アップ!親子で簡単「マインドマップ」の描き方
source:https://www.shutterstock.com/
「マインドマップ」という言葉を聞いたことがありますか?

昨今、日本でも話題になりつつあるマインドマップとは、“創造力”や“記憶力”を活性化するとされる「情報整理の方法」です。

世界各地の教育現場で用いられ、その効果が認められています。(※1)

現代は、手のひらのスマートフォンから世界中の情報がなだれ込む時代。

押し寄せる情報をより上手に活用するためにも、情報を整理する様々な術を親子で身につけていきたいですね。

この記事では、人類学を学び18年間様々な立場から子育てに携わる筆者が、今すぐ子どもと楽しめる簡単な“マインドマップの描き方”を紹介します!

創造力&記憶力アップ!親子で簡単「マインドマップ」の描き方


▼思考を視覚的に整理する!「マインドマップ」とは?

マインドマップとは、1960年代にイギリスの教育コンサルタントで著述家のトニー・ブザン氏によって開発され、今日では世界中の教育界からビジネス界まで広い分野で活用されています。

開発者ブザン氏らがまとめた研究によると(※1)、マインドマップを用いることで、想像力や記憶力の他にも、問題解決力や作文力がアップするといった学習効果が認められ、またプレゼンテーション力や他者とのコラボレーション力も向上すると報告されています。

筆者が暮らす北米の公立小学校でも、授業で学んだことを整理するためにマインドマップのように、図や絵を用いた“より視覚的な方法”が用いられることがあります。

ノートの線に沿い、ただ順番に文字を連ねるといった“伝統的な方法”とは全く違いますから、新鮮かつ楽しく、子どもたちなりにその効果を実感しているようです。

では早速、世界中で注目を集めるマインドマップを描いてみましょう!

関連記事:【マインドフル子育てのすすめ#01】簡単2分!頭と心の筋トレ

▼マインドマップの基本的な描き方

用意するのは「カラフルなマーカー」と「横長の紙」のみです。

ステップ1:中心にテーマを描きます。

創造力&記憶力アップ!親子で簡単「マインドマップ」の描き方
photo by author
ステップ2:中心から太めの曲がった枝を伸ばし、一つ一つの枝に、キーワードや絵を描きます。

創造力&記憶力アップ!親子で簡単「マインドマップ」の描き方
photo by author
ステップ3:太い枝から、より細く曲がった枝を伸ばし、太い枝のキーワードから浮かぶ言葉や絵を描きます。

創造力&記憶力アップ!親子で簡単「マインドマップ」の描き方
photo by author
こうしてカラフルに視覚的に示す方が、黒い文字での箇条書きなどよりも、確かに「私」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.