子育て情報『妻が流産……そのとき夫にできることは!?【妊活QA#23】』

2018年2月9日 21:45

妻が流産……そのとき夫にできることは!?【妊活QA#23】

目次

・▼流産に終わり、悲しみに暮れる妻
・▼男にできることはあるのか?
・▼傷もいつかは「絆」に変わる
妻が流産……そのとき夫にできることは!?【妊活QA#23】
source:http://www.shutterstock.com/
Q:先日、妻が流産しました。妻は泣き崩れ、私はどうすることもできませんでした。「妊活は夫婦ふたりで行う治療」といいますが、やはり女性が行う治療なんだと痛感しました。しょせん、男にできることなんてありませんよね?
(Nさん・38歳・会社員/妊活歴3年)

妻が流産……そのとき夫にできることは!?【妊活QA#23】


▼流産に終わり、悲しみに暮れる妻

僕の妻は2回流産しました。

あれは最初に流産に終わった夜のこと。僕は夕飯の支度のため、キッチンに。

するとピンポーンと音が。

いつもならすぐにパタパタパタとスリッパを走らせリビングに来る妻が、いつまでたってもやって来ない。「あれ!?」と思い、キッチンから玄関を覗くと、妻は頭を垂れ、靴を履いたまま立ったまま。

すると肩が小刻みに揺れ、静かに泣き始めたのです。そして、

「いつもご飯とかいろいろやってくれるのに、ごめんなさい……」

「いつもやさしくしてくれるのに、ごめんなさい……」

そう言って、妻は悲しい謝罪を始めたのです。かける言葉なんてありません。それでも僕は感情の渦から言葉をしぼり出し、

「りえちゃんは悪くない、りえちゃんは悪くない」

と言って一緒に泣くことしかできませんでした。そして、こうも思いました。流産に終わり悲しみに暮れているのは自分自身であるはずなのに、僕への感謝を述べたのです。

そんな妻をみて「俺が一生守ってやる」「どんなことがあっても笑わしてやる」と強く誓ったことを覚えています。

関連記事:遅すぎた不妊治療、繰り返す流産…夫婦が忘れてはいけないことは?<連載第4回>

▼男にできることはあるのか?

妻が流産……そのとき夫にできることは!?【妊活QA#23】
source:http://www.shutterstock.com/
質問者さんは「妊活で男にできることなんか、あるか?」と僕に聞きます。はっきりいって、そんなのありません。

でも、あるんです。

矛盾していますが、流産に終わったときなどは、肉体的ダメージを引き取ることはできません。でも心の痛みを共有することはできます。

妊活はボクシングに似てます。リングで闘うのは女性。男はトレーナーですから、リングに入ることが許されません。

しかしボクサーも、トレーナーなしでは闘えません。ですから普段からの支えが絶対に必要なのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.