子育て情報『喋りだしたら止まらない…「義母のグチ攻撃」への優秀LINE回答』

喋りだしたら止まらない…「義母のグチ攻撃」への優秀LINE回答

2018年2月11日 21:00
 

関連リンク

・移住5カ月目、都会と田舎どっちがいい?に娘3人の答えは
・ママ友同士で楽しむ!大人可愛い♡「スカートリンクコーデ」4選
・妊活がつらい…そんなママのための息抜きとは?
喋りだしたら止まらない…「義母のグチ攻撃」への優秀LINE回答
Photo by It Mama
嫁、姑問題についてのネガティブな情報を見聞きするたびに「できるなら揉めるよりも仲良くしておいたほうが幸せなはず」と思う方は多いはず。

日々の子育て、家事に追われる中、義母とのゴタゴタにパワーはあまり使いたくないのが本音でしょう。

そのために義母と友好的な関係を築こうという気持ちが裏目にでて、義母から好かれすぎて毎日グチを聞く役になってしまった……などという別の悩みを抱えてしまうケースも往々にしてあります。

そこで今日は、ママである筆者が、義母と仲良くしていたら“依存されすぎて困った”悩みと解決法についてお話したいと思います。

喋りだしたら止まらない…「義母のグチ攻撃」への優秀LINE回答


▼嫁あるある?義母のグチの聞き役

定年後、ずっと家にいる義父との関係に悩んでいたり、親の介護について悩んでいたり、親世代にもその年齢なりの悩みを抱えています。

この世代の人たちは、悩みを抱えた時の“発散方法”が極端に下手だったりします。

悩みを打ち明けられるような友人とは、介護などをきっかけに疎遠になったりしていることも多く、そんな生活の中で“仲良くしてくれるお嫁さん”というのは、ありがたい存在なのです。

そのため、義母と仲良くしていた結果「いつもグチやお義父さんの悪口を聞く羽目に……」という嫁あるあるが発生してしまうのかもしれません。

関連記事: 義母からの「ちょっと困るLINE」…早く会話を終わらせるコツ

▼義母世代のグチる内容といえば…?

喋りだしたら止まらない…「義母のグチ攻撃」への優秀LINE回答
source:http://www.shutterstock.com/
この世代の愚痴の多くは、身近な人への怒りであることが多いです。

義父のこと、介護をしている親のこと、介護に関わろうとしない兄妹のこと……。

「どうして私ばかりが大変なの?」という気持ちを発散したくなる世代です。

でも、お嫁さんにとっても身内になる人の愚痴を聞かされるのは、いい気持ちがしないものですよね。

関連記事:ばぁば、それヤメて~!現代ママとの「育児ギャップ」エピソード3つ

▼義母の「グチストレス」から逃れる方法はあるの?

この世代のストレス発散方法はとにかく”喋りたい!”なのです。

「どうして私ばかり!?」という気持ちが膨れ上がり、発散することができないとその気持ちは寂しさへと変化していきます。

寂しさを感じ始めてしまうと、一度聞いてくれた人への依存度が増します。

そうならないように、義母からのグチを永遠と聞かされない対策のひとつとしては、ストレスや不満がたまりすぎる前に適度に話をきいてあげる。というのが大切です。

不満がたまりすぎたときに、義母という生き物は喋り出したら止まらないという状態に陥るのです。

▼なるほど!「優秀LINE回答」

とは言え、「聞くことすら辛い……、もう限界」という方は、会う前の段階でグチを聞けないスタンスを作っておくといいでしょう。

例えばLINEで、「今はゆっくりお話しを聞く時間がない」という予防線を張っておくことも効果的です。

「お義母さん、毎日お疲れさまです。毎日大変ですね。今、幼稚園の行事でバタバタしていているので時間ができたらゆっくりお話し聞きますね。」

また、義母からの話を聞く余裕がない場合は「お義母さんが大変なこと、○○さん(夫)も心配しています。○○さんに話してあげてください。」

と、義母のグチのはけ口を息子である“夫”へ向けるという作戦もあります。

関連記事:嫁姑問題に発展!? 夫もあきれる義両親との「NGコミュニケーション」

義母のグチを長く聞き続けることは大変。でも、それをせずにかわいくない嫁だと思われるのも大変。

義母とのうまい付き合い方は、それぞれの性格もあるので一概には言えませんが、聞くスタンス・受け入れているスタンスを取りながら、うまく距離を保つことが大事だと思います。

【画像】
※ It Mama、 Ken Tannenbaum / Shutterstock

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.