子育て情報『恐怖の「だんなデスノート」!家事をしない夫へ、妻の仕返し3連発』

恐怖の「だんなデスノート」!家事をしない夫へ、妻の仕返し3連発

2018年2月16日 21:45
 

関連リンク

・貯金を月1万円以上アップする秘訣は?家計改善は子どもが幼稚園の今!
・友だちとうまく遊べない。どうすればいい?
・目に見えない「夕飯の献立を考える」だって大事な家事!【双子を授かっちゃいましたヨ☆ 第68話】
恐怖の「だんなデスノート」!家事をしない夫へ、妻の仕返し3連発
source:https://www.shutterstock.com/
突然ですが、あなたは『だんなデス・ノート』というウェブサイトをご存知ですか?

「旦那の食事は高脂肪、糖質高め」
「排水口を洗った歯ブラシで使ってる姿を見るのが楽しみ」
「実は、夫の味噌汁に鼻クソを入れている」

妻たちが吐き出した思わずゾッとするような“毒”がズラリ!

会員数は1万人超、1日約70万アクセス以上。夫への不平や不満を投稿する、いま話題のウェブサイトが昨年10月ついに書籍『だんなデス・ノート ~夫の「死」を願う妻たちの叫び~』となって登場したのです。

そこで今回は、首都圏在住の20~40代既婚女性を対象に『だんなデス・ノート』に関するアンケートを実施!実際にあった恐怖のエピソードをこっそりご紹介します……。

恐怖の「だんなデスノート」!家事をしない夫へ、妻の仕返し3連発

▼イラッとした日は、夫の洗濯物で復讐を!

休みになると1日中ゴロゴロしている夫。家事を手伝ってとお願いしても、「疲れているから無理!」と背中を向けて二度寝、三度寝。怒りをぶつける場所がないから、夫の洗濯物だけ洗剤も柔軟剤も入れずに水洗いしてやった。ちなみにこの前は本当に頭に来たから、洗わずにタンスの中へ……(34歳/東京都/2児の母)

仕事が大変なのは分かるけど、365日休みなしで働いている妻の身にもなってほしいもの。

ちょっと子どもをあやしてくれるだけでもいいのに、「疲れているから」なんて断られたらイラッとするのも当たり前ですよね。

でも、その怒りをぶつける場所がない!

そこで「夫の洗濯物だけ洗剤・柔軟剤なし」「洗わずにタンスに戻す」「脱いだ状態で洗濯して、そのまましまう」「Yシャツを全部裏返しにしておく」など、洗濯物に当たっている妻が続出中。

月曜日、その洋服を見た夫は週末の自分の態度を後悔するのでしょう……。

関連記事:夫婦喧嘩の原因!男性が本気で嫌がる「女性の子育て」6つ

▼「晩ご飯いらない」って、言ったよね…?

夕飯を作ったあとになって、「今日は飲んで帰る」と言われた翌日は、私たちの夕飯だけ国産の高級焼肉、夫は期限ギリギリの外国産の焼肉にしてる。または私たちだけ出前のお寿司、夫は納豆ご飯。このくらいやっても罰は当たらないでしょ?(31歳/埼玉県/1児の母)

せっかく夕飯を作ったのに、何のお詫びもなく「食べて帰るから、夕飯はいらない」と言われると本当にイラッとするもの。

あなたも「いらないならもっと早く言ってよ!」と文句を言ったら、「直前にならないと分からない」「仕事だから仕方ないだろ!」なんて言い返された経験があるのでは?

こんな行き場のない苛立ちを感じたときは、プチ贅沢をして気分転換するのがよし!

なかには「夕飯を準備せずに、食材をお皿の上に置いておいた」なんてツワモノもいるようですよ……。

関連記事:夫の飲み会にイライラ…夫婦喧嘩に発展しない「本音の伝え方」

▼ママは策士!? 同じ寝室が嫌な時は…

とにかく暑がりで、冷房をガンガン入れる夫。寝る時もキンキンに冷やして布団にくるまって寝るのが好きだからと、冷房20度に設定されます……。寒くて同じ部屋に寝るのが苦痛だったから、夫の布団を夏場は天日干しして熱々にして、リビングのフローリングに寝かせる作戦を決行!地道な嫌がらせを続けているうちに、いつのまにか寝室は別々になりました。今は毎日快適な睡眠をとれるようになって幸せです!(32歳/東京都/1児の母)

結婚当初は大好きな夫と一緒に寝るのが幸せだったはずなのに、生活リズムが違ってきたり、寝相やいびきの問題が生じてきたり。

次第に同じ部屋で寝るのが苦痛になってきた妻は少なくありません。

でも、今さら寝室を別にしようなんて言えないし……。

そこで、お互いに嫌な思いをせずに寝室を別にするために「夏場に布団を毎日天日干し」「夫の布団だけジメジメ」「柔軟剤の匂いを強烈にしておく」などの嫌がらせをしている妻が意外とたくさん!

ちなみに、8割以上の女性は「半年以内に快適な睡眠を手に入れた」そうです。

関連記事:子どもに悪影響も?見ていて辛い「夫婦喧嘩」3つ

誰にも言えない夫への不満をこっそり吐き出している妻たち。

あなたもイラッとしたときは、『だんなデス・ノート』を覗いてみてはいかがですか?

「私だけじゃないのね……」と少し気持ちが楽になるかもしれませんよ。

【取材協力】
※ 首都圏在住の20~40代既婚女性
【参考・画像】
※ Eugenio Marongiu、oneinchpunch / Shutterstock
※ だんなデス・ノート ~夫の「死」を願う妻たちの叫び~

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.