子育て情報『祖母の育児・私の育児「大切なことは昔も今も変わらない」』

祖母の育児・私の育児「大切なことは昔も今も変わらない」

2018年2月17日 21:45
 

目次

・▼そもそも、昔っていつのこと?
・▼大切なことは変わらない
祖母の育児・私の育児「大切なことは昔も今も変わらない」
photo by author
おばあちゃん世代と話していると、

「昔からずっとこうだったのに」「昔の育児と今の育児は違うから……」

といった言葉がよく出てきます。

そのような言葉を聞いて、筆者はいつも違和感を覚えます。

それはなぜか、そして“変わらないこと”とはなにかについて、助産師である著者が思うことをお伝えします。

祖母の育児・私の育児「大切なことは昔も今も変わらない」


▼そもそも、昔っていつのこと?

「昔はね」とお話しする祖母世代の言葉に違和感を覚える理由は、その「昔」とはいつをさすのだろうということです。

10年前?50年前?100年前?

赤ちゃんの祖母世代が育児をしていた背景と、さらにその上の世代の育児背景はまた異なります。十把一絡げに、区別なくすべてを全部ひとまとめにして「昔」とまとめることはできないほど、刻々と変化しているのです。

そして、大切なことの根本は、社会背景の変化があっても変わることがありません。

たとえば、出産。

昭和30年代半ばまでは自宅出産が主流でした。自宅に産婆(助産師)をよび出産し、産後も添い寝が当たり前でした。

分娩台で産んで、赤ちゃんは出生後すぐに新生児室へ隔離されるようになったのはここ数十年間だけのことです。しかし次第に行きすぎた管理出産が見直されて、“カンガルーケア”や“母子同室”が見直されつつあります。

また、たとえば母乳育児。

祖母の育児・私の育児「大切なことは昔も今も変わらない」
source:http://www.shutterstock.com/
70年以上前には、一般人は容易に粉ミルクを手に入れることすらできませんでした。もちろん母乳育児は当たり前で、出産直後からミルクを追加なんてことはできませんでした。

粉ミルク率が増えたのは病院出産が増えてからのこと。そして、ここ10年くらいで再び母乳育児が見直されてきています。

この、病院での管理された出産で粉ミルク率が全盛期だった頃に育児をした方たちがちょうどおばあちゃん世代になっているため、「昔は、産後は赤ちゃんと別々の部屋だったのに、今は」とか、「昔は泣いたらすぐにミルクを足していたのに、今は」となるようです。関連記事:「〇〇べき」だらけの母乳育児は面倒くさい…?

▼大切なことは変わらない

祖母の育児・私の育児「大切なことは昔も今も変わらない」
source:http://www.shutterstock.com/
でも、出産や育児の大切なことは大昔からず~っと変わりません。

戦後の高度経済成長のあとに、一時的に変わった事があるだけです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.