子育て情報『「3-4ヶ月健診」で育児に自信をなくしてしまうママ達…その理由って?』

2018年2月18日 21:00

「3-4ヶ月健診」で育児に自信をなくしてしまうママ達…その理由って?

目次

・▼ママが健診で医師から言われた言葉
・▼小児科医からミルクの追加を勧められたら?
・▼赤ちゃんの体重増加のめやすは?
「3-4ヶ月健診」で育児に自信をなくしてしまうママ達…その理由って?
source:https://www.shutterstock.com/
出産をすると産院で1ヶ月健診(乳児検診)を受けます。

その後は居住地の保健センターか小児科で4ヶ月(または3ヶ月)健診を受けるのが一般的で、これは全国どこに住んでいても受ける大切な健診です。

ときには厳しい意見を言われることもあるようで、育児に自信をなくしてしまうママもいます。

そんなママへ、助産師である筆者が伝えたい大切なことをお話したいと思います。

「3-4ヶ月健診」で育児に自信をなくしてしまうママ達…その理由って?


▼ママが健診で医師から言われた言葉

乳児健診では、身体測定と触診や問診が行われます。 医師は、「病気はないか」「発達に遅れや異常はないか」と、赤ちゃんの体を丁寧に診察してくれます。

そして体重の増加が少なめの時には、授乳についてのアドバイスを受けることもあります。

ときには厳しい意見を言われることもあるようで、以下は実際に小児科医から言われた言葉をママから聞いた通りに書いてみます。

「おっぱいは何分あげてるの?(長く吸うのは)出てないからじゃない?かわいそうだよ」

「低栄養で脳が育たないからミルクを追加して」

「初乳は免疫を含んでいるけれど、4ヶ月になったら母乳と差がないからミルクだけにしたら?」

「母乳を飲ませたいのはお母さんのエゴ。つきあわされる子どもはかわいそうだよ」

…など

かわいいわが子の成長を確認する健診で、こんなことを言われたら泣きたくなる……。

母乳をやめてお腹いっぱいミルクを飲ませたくなるかもしれません。

関連記事:初めての集団健診!長時間待ち避けられない「3~4ヶ月健診」で持参すべきアイテムリスト9つ

▼小児科医からミルクの追加を勧められたら?

「3-4ヶ月健診」で育児に自信をなくしてしまうママ達…その理由って?
source:https://www.shutterstock.com/
まず、「小児科医=母乳の専門家」ではありません。

医学部で“母乳育児支援”は学びません。

そして、小児科医によって専門の差があり、個人差が大きく、なかには母乳について学び続けている小児科医もいるという表現の方が適切だと思います。すべての小児科医が母乳育児に詳しいわけではありません。

母乳が足りているかどうかは、赤ちゃんの体重だけではわかりません。

母乳はたくさん出ているけれど、ママの飲ませ方がぎこちなくて、上手に飲めていないこともあります。

体重が少ないから脳が低栄養になるという根拠はないし、母乳のメリットは免疫があるだけではありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.